双風亭日乗

« みなさん、今日はちゃんとニュースを見ましょう! | トップページ | みのもんた、怒る! »

2006年1月17日 (火)

嗤う日本の「証人喚問」




いま耐震偽装問題にからむヒューザー・小島社長の証人喚問をテレビで見ています。


小島さんの「ちょっと相談させてください」と補佐人に相談してから、「刑事訴追の可能性がありますので、回答をひかえさせていただきます」っていう「嗤うべき証言」は、証言しないことによって質問内容を認めているという、興味深い逆説になっているように思えます。


それにしても、国会議員という大人が集まって、証人の「証言拒否」が大部分を占めるような茶番を、なんだかんだいって容認している様子は、じつにシニカルです。小学生のホームルームだって、もっとまともな議論がおこなわれるでしょう。


国会の証人喚問であのような「証言拒否」が成立する、ということは、覚えておいて損はないですね。私も何か困ったことがあったら、回答をひかえさせていただくことにしようかなあ。(笑)


明朝の、みのさんの怒る顔が、いまから目に浮かびます。


| コメント (0) | トラックバック (0) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211225/14904592

この記事へのトラックバック一覧です:
嗤う日本の「証人喚問」:

コメント

コメント書く