双風亭日乗

« 新刊のお知らせ | トップページ | 内藤朝雄×稲葉振一郎 トークセッション »

2006年4月23日 (日)

内藤朝雄×稲葉振一郎 トークセッション



しばらく連日、告知いたします。


稲葉さんは、新刊ラッシュで大活躍しております。


助教授になった内藤さんも5月に新刊を予定しているとのこと。


脂ののりきったふたりが、白熱の議論を展開します。


みなさん、ぜひぜひいらっしゃってください。



内藤朝雄×稲葉振一郎 トークセッション


「自由な社会とは何か――リベラリズム再考――」


日時 : 2006年4月29日(土・祝) 15時30分開場 16時開演


場所:三省堂書店神田本店8階特設会場


参加条件:先着100名、参加費500円(当日)


予約・問合せ:三省堂書店神田本店 03-3233-3312(代表)


 日本社会のなかで、いかにしてリベラリズムを適用していけばいいのか。また、適用していけないのか。現代日本の「教育」や「労働」、そして「制度」を点検しつつ、自由な社会とは何か、また自由な社会はありえるのかを、若手社会学者であり、リベラリストであるふたりが徹底討論します。


 これまで内藤リベラリズムを批判的に支持してきた稲葉振一郎が、今回は内藤に厳しく詰め寄ります。稲葉の反論に対して、内藤はどう受けて立つのか……。


 ネオ・リベが台頭しつつあるこの日本社会に、リベラリズムはどう抗っていくのか?


講師紹介:


内藤朝雄(ナイトウ アサオ)


1962年東京都生まれ。愛知県立東郷高校を中退。山形大学、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程を経て、明治大学助教授。専攻は、社会学、臨床社会学、心理社会学。著書に『いじめの社会理論』(柏書房)、共著に『学校が自由になる日』(宮台真司氏・藤井誠二氏との共著、雲母書房)、共著に『ニートって言うな!』(光文社新書)など。


稲葉振一郎(イナバ シンイチロウ)


1963年東京都生まれ。一橋大学社会学部卒業。東京大学大学院経済学研究科単位取得退学。岡山大学経済学部講師、助教授などを経て、明治学院大学社会学部教授。専攻は、社会倫理学。著書に『ナウシカ解読』(窓社)、『リベラリズムの存在証明』(紀伊國屋書店)、『経済学という教養』(東洋経済新報社)、『「資本」論』(ちくま新書)など。


| コメント (0) | トラックバック (0) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
内藤朝雄×稲葉振一郎 トークセッション:

コメント