双風亭日乗

« 内藤みかさんが元気です! | トップページ | ドラマ「結婚できない男」で阿部寛が尻を出した!? »

2006年7月12日 (水)

悲しい事件――朝鮮学校の生徒への嫌がらせについて考える――



北朝鮮がミサイルを発射してから、朝鮮学校の生徒への嫌がらせがおきているようです。



朝鮮学校の生徒に嫌がらせ60件以上 ミサイル発射後


 「東北アジアの平和と日朝国交正常化」をテーマにしたシンポジウムが11日、東京都千代田区で開かれた。朝鮮半島情勢に詳しい研究者らが400人の参加者を前に、北朝鮮のミサイル発射を踏まえて北東アジアの平和への課題を議論した。


 李鍾元(リー・ジョンウォン)・立教大教授は日本政府の対応について、「制裁や圧力の強化だけでは状況を不安定にする可能性が高い」と指摘した。在日本朝鮮人人権協会の宋恵淑(ソン・ヘスク)さんは、ミサイル発射後、朝鮮学校の生徒への嫌がらせが全国で60件以上あったと報告した。


asahi.com 2006年07月12日06時47分



嫌がらせをする人たちには、もし自分が同じような嫌がらせをやられたら、どう思い、どう感じるのかという想像力が欠如しているのでしょうか。現在の北朝鮮という国といま朝鮮学校にかよう生徒たちには、どのようなつながりがあり、どのような歴史があり、その両者がどれだけ浅く(または深く)関連しているのかということを、すこしでも考えたことがあるのでしょうか。


嫌がらせをする人たちは、ここは日本だから自分は嫌がらせをされない、と思っているのでしょうか。自分は安全地帯にいると思いながら、安心して他人に嫌がらせをしているのでしょうか。自分が安全地帯にいるなんて思うのはまったくの錯覚であり、嫌がらせをしている人が朝鮮学校の生徒の立場にたたされる可能性なんて、いくらでもあるんじゃないのかなあ。そうやって立場が反転し、自分が嫌がらせをされる立場になったことを想像すれば、「北朝鮮がアホなことをやったから朝鮮学校の生徒たちに嫌がらせをしてもいい」なんて安直な発想は、けっして出てこないでしょう。


それとも、自分が日本社会のなかで、どこぞのだれかに何らかの嫌がらせをうけたルサンチマンが、朝鮮学校の生徒への嫌がらせへと向かわせているのでしょうか。もしそうならば、卑劣な行為としかいいようがありません。怨念を連鎖させることがもたらすのは、暴力の再生産だけなのですから。


怨念の連鎖と暴力再生産の関係は、私が研究していたカンボジア大虐殺においても見られた現象です。ポルポト時代のカンボジアでは、指導者層から一般の人びとに対して、怨念をぶつけるべき対象が、ほとんど指導者層の「気分」にもとづいて、たえず提示されていました。アメリカ、CIA、ソ連、KGB、そしてベトナム……。ポイントは、個々人の怨念が連鎖して控えめな暴力として表出するというよりも、旗振り役によるお墨付きが個々人の怨念を正当化し、自信を持って暴力が表出されるという点です。


北朝鮮のミサイル発射は、どう考えても問題視せざるをえません。しかしながら、そのことと朝鮮学校の生徒をストレートに結びつけてしまうような発想は、これまた問題視せざるをえません。


いずれにしても、このような嫌がらせをする人や嫌がらせを支持する人たちに、ぜひ『チマ・チョゴリ制服の民族誌』を読んでいただきたいと思っています。


| コメント (6) | トラックバック (0) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
悲しい事件――朝鮮学校の生徒への嫌がらせについて考える――:

コメント

そういう暴漢を徹底的に捜査し、逮捕し、厳格に刑事罰を課し、それを国際的にアピールする必要があります。反日キャンペーンに使われる前に、それをしなければならないと思います。日本は、タカ派の側についているのではない、という強力なメッセージを世界に向けて発しないと、危険です。
「朝鮮学校生徒に嫌がらせをするおやぢ=人間のクズ」キャンペーンを展開しましょう。

そういえば、「人間のクズ」って熊さんが吼えてましたね。

投稿: naito | 2006/07/12 11:53:40

「暴漢を徹底的に捜査し、逮捕し、厳格に刑事罰を課し、反日キャンペーンに使われる前に、それを国際的に〔政治的に利用し〕アピールする」という発想も、十分にタカ派というのですよ、内藤さん。タカ派がだめでハト派なら全てOK、な理由はないでしょう。ハトだって反撃もすれば、タカだって耐えもするのですよ。「日本はタカ派の側ではない」という【だけの】強力なメッセージを世界に向けて発することそれ自体が、最も危険です。
朝鮮学校生徒に嫌がらせする輩に、モラルを説いても無駄です。北朝鮮にモラルを説くのが全く無駄であるように。問題は「誰が」取り締まるか、だけでしょう。

投稿: Trickystar | 2006/07/12 16:33:05

leleleさん、応答します。反省は可能で必要ですね。いつ何時も。ただし全ては事後的です。事後的に悔い改められる問題であると思われる限りで、反省は有効ですし必要です。その点で、ロジカルには同じ問題ですが、嫌がらせした輩と北朝鮮問題を同列にはおけない、ということに同意します。しかし、無駄でない可能性が少しあり、かつ反省されるべき事象が悲惨なものになると予想される場合、可能性に掛けるというのはいかにも他人事ではないでしょうか。反省は軽んじられるべきではないでしょうが、殺された人間や家族にとってはいなさら何をと思うことでしょう。むしろ本当に反省されるべきは、全てを可能性に還元しないことですよ。可能性ではく、蓋然性が考慮されるべき具体的な問題はいくつもあります。蓋然性を括弧に入れて、可能性に掛けるのは、タカ派ではないとだけメッセージを送るのと同様に、やはり最も危険だと、私は思います。

投稿: Trickystar | 2006/07/12 22:31:17

民族学校出身の在日としてちょっと一言。
罪もない生徒達が心ない人々から嫌がらせや、暴力行為を受けるのは許されないことです。しかし朝鮮学校を事実上統括する朝鮮総連は嫌がらせの背景にある本国の核、日本人拉致、ミサイル実験についての自らの確固たるスタンスを明かすことなく沈黙したままです。アジアの平和を脅かす祖国のミサイル実験は批判せず被害者意識のみをアピールする戦術はこれまで北朝鮮に同情的だった日本人にも、もはや通用しなくなってきた現実を直視すべきです。
祖国におけるコッチェビや政治犯収容所等の人権侵害は黙認しながら、日本での人権侵害には過剰に反応する姿勢はいかがなものか。祖国の理不尽な行為にも同じようなレスポンスで答えて欲しいものです。

投稿: kan | 2006/07/20 16:52:54



基本的にわたしは、わたしなりに人間を目利きし、相手をするに値する人かしない人かを判断しています。先日、谷川さんから、尊敬する兄貴のところの若い衆だとお話をうかがい驚きました。

堀内さんのおっしゃっていることの論理を丁寧にたどってみると、奇妙なものであることがわかります。敵対勢力に対して、ひどい事例を戦略的にアピールして、その勢力減退をねらうという方法を使えば、それは即タカ派であるという論理は、実に珍妙なものです。
たとえば、国際的な人権擁護勢力は人身売買やジェノサイドを「一掃」するために、ひどいケースをを取り上げては、国際政治的に戦略的なキャンペーンをうちます。
その戦略に賛成か反対かはおいておいて、その戦略を使った者はタカ派であるという論理によると、ほとんどの反ジェノサイドや反人身売買の政治勢力はタカ派になります。
この論理は学部のレポートでもあまりよい成績がつかないような論理ですが、まさか兄貴のところの・・・と驚いた次第です。
「タカ派がだめでハト派ならすべてOK、な理由はないでしょう」という文章も、奇妙です。
基本的に、政治的な信念を有するさまざまな勢力が、「AはOK、Bはだめ」という論を戦わせます。わたしも「タカはだめ」という強烈なメッセージを発しています。当然のことです。
「Aはだめ」という論に対して、「AがだめでBなら全てOK、な理由はないでしょう」返す反論の論理はでたらめ、としかいいようがありません。まず「Aはだめ」と主張する人が、そもそBはOKと主張しているかどうかも、わかりません。さらに、「全て」をくっつけて、「Aはだめ」と主張する人は「Bは「全て」OK」と主張しているのであるという推論法は、小学生でもおかしいと思います。なぜ、研究者養成コースの人が・・・・これはいったい何なのだろう?といぶかります。
兄貴がいうところの田子作の論理なら、理解できます。それが論理的・政治的にだめかOKかが問題ではなく、「そんなキツイ、周囲が違和感を感じるようなものの言い方をしてはだめでしょう。みんなが気持ちいい言い方をしましょう」という、田子作の違和感表明の論理です。
でも、まさか・・・
「ハトだって反撃もすれば、タカだって耐えもするのですよ」これも意味不明。
「日本はタカ派の側ではない」という【だけの】強力なメッセージを世界に向けて発すること自体が、最も危険です。」という発言も、わけがわかりません。
わたしは「日本はタカ派の側ではない」というメッセージを発するべきだと書きましたが、それ「だけ」のメッセージを発するべきだとは一言も書いていません。相手がAを主張したとき、A「だけ」であることを非難するというのも、また奇妙です。
さて、モラルを説いても無駄という発言からも、政治学の基本がわかっておられないように思えました。
政治的パワーには、暴力や経済力などさまざまなものがありますが、国際社会における信用や正当性アピール力も、政治的パワーにふくまれます。
わたしのキャンペーンの宛先は国際世論、および国内世論であって、わたしの文章を、「内藤は小学校の先生がいじめっ子に道徳をとくように加害者にモラルを説くと言っている」と読むとは、驚きです。

 ネット上で相手にしてあげるに値しない粘着情念は、あっさり無視することにしています。ただたんに無関心です。
ただし、堀内さんが兄貴のところの研究者養成コースの若い衆だという新情報によって、俄然、関心がわきました。驚きによる関心です。

投稿: suuuuhi | 2006/08/23 11:23:24

kanさんのような方がおられることに喜びを感じました。
金王朝崩壊後の朝鮮北部の復興を、あなたのような方が担うことを望みます。

投稿: suuuuhi | 2006/08/23 12:09:52