双風亭日乗

« 『バックラッシュ!』の未掲載原稿が山口さんのブログに | トップページ | こういうノリ、いいっすね »

2006年9月21日 (木)

創造するためのギャップ・イヤー




昨日、NHKの「視点・論点」に茂木健一郎さんが出演しました。同番組の内容は、さまざまな問題について専門家が語る、というもの。時事問題がテーマになることが多い10分程度の番組です。



茂木さんがテーマに選んだのは、ギャップ・イヤー。


ギャップ・イヤーの意味は、三省堂の『デイリー新語辞典』によると、以下のとおりです。



ギャップイヤー【gap year】


〔ギャップは隙間(すきま)などの意〕


大学への入学が決まっている学生が,社会的な見聞を広めるために一定期間(通常 1 年程度),入学を遅らせること。また,その期間。イギリスで 1990 年代から普及した制度で,利用する学生はこの間を旅行やボランティア,職業体験などで過ごす。



このような制度がイギリスで普及していること自体、私は知りませんでした。


すばらしい制度だと思います。私自身、働きながらもギャップ・イヤーのような日々を送ることが多く、そうした日々があらたな企画を生み出しているといっても過言ではありません。



脳科学の見知からいうと、脳は休ませようとしても休むものではなく、つねに働こうとするのだそうです。ですから、いままでとまったく違うことをやったり、まったり休んでいるときにも、脳はたえず働いているということですね。で、これまでやっていたことを、ぱったりやめたりする。それでも脳は働こうとする。そうした瞬間に創造がおとずれるということを、ダーウィンなどの例を引いて、茂木さんは説明していました。



とはいえ茂木さんは、日本のような「どこかの組織」に属していないと人から認められないような社会では、ギャップ・イヤーのような制度は定着しにくいかもしれない、と危惧していました。キャリアに空白が生まれると、それまでの経験や実績が無駄になったり、職場で干されたりするという状況は、たしかに日本ではありがちなことだと思います。



茂木さんは、このギャップ・イヤーを学生時代のみが利用する制度にするのではなく、社会人になってからも利用できるようなものにするのがいい、といってました。さらに、印象的だったのは、フリーターとかニートとかいわれている人たちの状況も、視点を変えればギャップ・イヤーのようなものなのではないか、というようなことを指摘していたことです。この指摘は、ただただ「フリーターはだめだ」「ニートはどうしようもない」と一元的な指摘しかできない論者が多いなかで、とても新鮮に感じました。



ずるずると何年もフリーターやニートを続けている場合は、ギャップ・イヤーの本意が適用できないかもしれません。だって、そうなってくると、フリーターやニートを「やらない時期」こそが、ギャップ・イヤーになるではありませんか。


しかしながら、学生から社会人になる端境期に、それほど長い期間でなくフリーターやニートをやる場合は、フリーターやニートの時期もギャップ・イヤーだといえるのかもしれません。この場合、「期間」の長さが問題になろうかとは思いますが。



いずれにせよ、社会人になってからギャップ・イヤーを実践するとなると、その期間の食い扶持を保証してくれるようなシステムが必要になります。それを実践することにより、多くの人が創造的(クリエイティブ)になり、社会全体に利益をもたらすのであれば、それこそ国や地方自治体などがそのシステムをサポートするのがいいかもしれません。そうなると、どの程度の創造が社会の利益になるのかという、これまた判断がむずかしい問題が浮かびあがります。



現状の日本では、社会人のギャップ・イヤーというのは、夢物語なのかもしれません。しかし、知らなければ夢にも見ないわけですから、やはり茂木さんの提言は重要かつ刺激的なものだと私は思いました。


| コメント (1) | トラックバック (0) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
創造するためのギャップ・イヤー:

コメント

「GAP」にご関心があるようなので、少しばかりご説明します。この活動は、実は1970年代から始まっています。主催は、1972年設立の英国民間団体で、プログラム名を「GAP Activity Project」といいます。世界の中進国や発展途上諸国へ、英国の18歳青少年が例年約1、300人ばかり派遣されていることが、おそらく茂木さんの情報源の元になっていたのではないでしょうか。(残念ながら茂木さんの番組を未視聴なので)派遣期間は、4ヶ月から1年です。費用は、半年参加の場合、千ポンドから千五百ポンドですべて参加者の自己負担です。参加者の大半は、大学入学資格を得た高卒者で、スペシャリスト養成の大学生になる前に、ジェネラリストたり自己鍛錬の機会というのが参加動機の大半です。GAP本部には、関連の資料やCDなどもありますから、英国大使館経由で入手可能です。

投稿: shojisato | 2006/09/21 10:59:34