双風亭日乗

« 今年も田県神社の豊年祭(ちんこ祭り)にいってきました! | トップページ | 本の紹介です »

2007年3月20日 (火)

たまには近況報告




■脳科学、クオリア、記述の限界


脳科学が記述できることの限界は何なのか。科学の知と人文の知は、どのように相互交流できるのか。科学が絡むとお手上げな部分が多く、疑問が山積み。企画を立ちあげて、すこしずつ疑問を解消しようと思う。



■希望は戦争。それは生死をかけた叫び


『論座』1月号での赤木智弘さんの発言について、同誌4月号で「知識人」による応答がなされている。吉本さんと鶴見さんの応答は読みごたえがあるものの、その他の人の応答は、多くが「価値観の押しつけ」&「紋切り型の若者批判」に思えてしまう。柄谷さんにいたっては、見当違いの呪文を発しているのでは。この論争に触発されて、企画を立ちあげることにする。ちなみに、この件については、4月6日発売の「週刊金曜日」(「読み方注意!」というコラム)にも書いた。ご一読いただければ幸い。



■講義の準備


4月からT大で実践メディア産業論(全15回)の講義がある。15回のうち9回は、人文書や新書などの書籍編集者のみならず、月刊誌や週刊誌の編集長や副編集長、デザイナーや印刷屋さん、書店人や取次の方など、出版の最前線で活躍する方がたをゲストに迎える。よって、講義内容の詰めと日程調整などを同時進行でやっている。けっこうしんどいけれど、そのしんどさが心地よかったりもする。俺はMか(笑)。



■宮台さん×鏡さんトーク


第2回は、来週の水曜日。前回のトークを聞き直しつつ、構成を練っている。一カ月というのは、あっという間に過ぎるのですね。



■現代思想


最近、「現代思想」本を何冊も刊行されている仲正さん。じつは弊社からも「現代思想」がらみの本を刊行する予定。時代とか学派ではなく、「人と思想」に焦点をあてた内容。とりあげる「人」は、アドルノやアーレント、ベンヤミン、デリダ、フーコー、マルクス、ニーチェ、ハイデガー、ラカン、スローターダイク。仲正さんと私との独断と偏見で選んだ。正直、かなりおもしろい内容。できれば5月、無理なら6月に出したいところ。



※写真は、ちょっと不機嫌な寅専務


| コメント (1) | トラックバック (0) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
たまには近況報告:

コメント

 後藤です。はじめまして。『バックラッシュ!』の時はありがとうございました。

>『論座』1月号での赤木智弘さんの発言について、同誌4月号で「知識人」による応答がなされている。

 私もこの「返答」を読んで、ああ、少なくともある世代以上の「左翼」は死んだな、と思いました。あの特集による最大の収穫は、いかにある世代の「左翼」にとって、貧困、特に若年層のそれを全く気にかけられないものであるかを示したことだと思います(言い過ぎでしょうか)。

>この論争に触発されて、企画を立ちあげることにする。

 期待しています。ただ、近いうち(おそらく「論座」の来月号か再来月号)に再反論が掲載されるようです。企画はその時を待ってもいいかもしれません。

 http://www.journalism.jp/t-akagi/2007/03/post_195.html
 《これについては、論座の少し後の号で再対応します。/決して単純な反論ではなく、前回の話、すなわち既成左派と、私の噛み合わない部分について、もっと明確に深く考えて行こうと思っています。》

投稿: kgotolibrary | 2007/03/20 13:59:41