双風亭日乗

« 「いじめと現代社会」合評会と「不安社会ニッポンをどう生きるか」連続講座のお知らせ | トップページ | オビの顛末 »

2007年3月 4日 (日)

人の記憶




昨日、私がカンボジアでたいへんお世話になった石澤良昭さん(上智大学学長)に関する番組が、NHK教育テレビで放映されました。カンボジアの現代史を振り返りながら、石澤さんの遺跡修復にかける情熱を紹介するスタンダードな番組でした。



制作したのは日本電波ニュース社。おそらく日本のマスコミでは、もっとも深く長くインドシナに関わってきた通信社だと思います。


ところが……。何を勘違いしたのか、番組のなかでポルポト政権の時代を、何度も「4年半」だったといっているではありませんか。これは、正しくは1975年4月から1979年1月までの「3年8カ月」です。



ポルポト時代がおわってから、日本人の誰よりも早くカンボジアに入って取材した方が、その番組をつくっていたわけですが、そういう方がもはや常識ともいえるカンボジア現代史の1ページについて、間違った情報を流してしまっていることに驚きました。



魔が差したのでしょうか、忘れてしまったのでしょうか。


人の記憶なんて、あいまいなものなのですから、わからなかったら人に聞けばいいのに。


それとも、「4年半」だと思い込んでいたのでしょうか?



※写真は、今日の寅専務。「ハイル・ヒトラー!」気味なのが気になりますが……。


| コメント (0) | トラックバック (0) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
人の記憶:

コメント