双風亭日乗

« 宮台さんと鏡さんのトーク第1回が終了 | トップページ | 人の記憶 »

2007年3月 3日 (土)

「いじめと現代社会」合評会と「不安社会ニッポンをどう生きるか」連続講座のお知らせ




以下に研究会と講座の告知をします。


いずれもたいへん興味深い内容です。



まず一件目は、東大教育学研究科の院生有志を母体とする非行研究会が、内藤さんの『いじめと現代社会』の合評会をおこなうとのことです。中心人物の岡邊さんから連絡をいただきました。飛び入りも大歓迎とのことなので、時間がありましたらぜひ参加してみてください。



●[非行研] (since 2002)


第46回定例研究会のご案内


2007年3月25日(日)16時~(15時45分開場)


東京大学本郷キャンパス教育学部3階演習室


(丸ノ内線 本郷3丁目駅下車 徒歩8分)


ゲスト:


明治大学助教授 内藤 朝雄 氏


今回は、先日刊行された『いじめと現代社会―「暴力と


憎悪」から「自由ときずな」へ』(双風舎刊)の内容を


中心に討論します。お気軽にご参加ください。事前申込


は不要です。


●非行研は、東大教育学研究科の院生有志を母体とする


研究会です。(非行に限らず)広義の社会問題全般を扱


っています。どなたでも、ご参加いただけます。


●東大教育学部へのアクセスは、以下をご覧下さい。


 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_09_01_j.html


●お問い合わせ先:


 okabet@mail.goo.ne.jp(岡辺)


●非行研ウェブサイト:


 http://www17.plala.or.jp/obt710/delinq.htm



つづいて、アジア太平洋資料センター(PARC)というNPO/NGOの「PARC自由学校」で、2007年度に開講する「『不安社会ニッポン』をどう生きるか」という講座です。こちらは、PARCの細野さんから連絡をいただきました。


おもしろそうなテーマ、そしておもしろそうな講師ばかり。双風舎がらみでは、上野さんをはじめ、北田さんや内藤さんも講師陣に含まれています。よくこれだけ集めたなあ、と思います。30代の方もたくさんいる!


基本料金が3万8000円で、入会金が1万円。これが高いか安いか?


私自身は、聞きたいけれど、払えそうもないので参加は断念。払える方は、ぜひ参加してみてください。



PARC自由学校2007年度講座


「不安社会ニッポン」をどう生きるか


http://d.hatena.ne.jp/parcfs2007/


少子高齢化、格差社会化、セキュリティ化……。得体の知れない閉塞感が広がる日本社会。私たちから共感や共存を奪い、生き難さを感じさせている本質には何があるのか? この隘路から抜け出すために、私たち一人ひとりはどのような現状認識を持ち、思考し、対処していけばいいのか? ここでは「不安」をキーワードに、現代日本を象徴する諸問題を取りあげながら、思考や眼差しの転換と〈オルタナティブ〉の構築に向けた議論を展開していきます。


●2007年5月~2007年12月


●基本的には隔週月曜日19:00~21:00


●全14回/定員30人


●受講料38,000円(※PARC自由学校を初めて受講される方は入会金10,000円が必要です)


5/7 19:00~21:30


オリエンテーション


若者の貧困と日本の未来


杉田俊介(ケアワーカー・ライター)


湯浅 誠(「自立生活サポートセンター・もやい事務局長・便利屋あうん代表)


5/21


「野宿者襲撃」が起こる社会から「連帯」を育む社会をどうつくるか


生田武志(野宿者ネットワーク)


6/1(金)


「放送禁止」「自主規制」「翼賛化」のメディアに抗して


森 達也(映画監督・作家)


6/4


自殺者3万人の社会――みんなが生きられる社会への視点


清水康之(自殺対策支援センター・ライフリンク代表)


6/18


社会的排除とスペクタクル国家


渋谷 望(千葉大学文学部助教授)


6/23(土)16:00~18:00


学校を「聖域」にするな! 追い詰められる教室からの脱出作戦を考える


牧野 剛(河合塾講師・翔学舎校長)


内藤朝雄(明治大学文学部助教授)


7/2


国家再編と「下から」のナショナリズム


萱野稔人(東京大学21世紀COE研究員)


7/23


「尊厳死」法案と生命の切り捨て


小松美彦(東京海洋大学海洋科学部教授)


9/3


生きる権利を奪う「自立支援」─自立を阻むこの国の制度


多田 薫(きょうされん(旧・共同作業所全国連絡会)事務局長)


9/29(土)16:00~18:00


ロストジェネレーションの闘争/逃走論


雨宮処凛(作家)


赤木智弘(ライター・フリーター)


10/15


「保守化」とは何か―若者との関わりを中心に


高原基彰(日本学術振興会特別研究員)


10/29


ベーシック・インカム―持続可能な税制と社会保障を考える


小沢修司(京都府立大学教授)


11/12


格差/階級社会日本―何が問題なのか


橋本健二(武蔵大学社会学部教授)


12/10


〈不安社会〉からの出口を設計する


上野千鶴子(東京大学大学院人文社会系研究科教授)


北田暁大(東京大学大学院情報学環助教授)



| コメント (1) | トラックバック (0) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
「いじめと現代社会」合評会と「不安社会ニッポンをどう生きるか」連続講座のお知らせ:

コメント

ご紹介ありがとうございました!

投稿: okabet | 2007/03/07 2:05:26