双風亭日乗

« だらだらニュース解説 | トップページ | 紀伊國屋書店新宿本店でのフェア »

2008年1月 7日 (月)

自費出版大手の新風舎が倒産

毎日新聞の記事によると、さんざんこのブログでも問題点を指摘してきた自費出版大手の新風舎が、ついに倒産したようです。

倒産の理由を「一部マスコミ報道による批判などから売り上げが急落」とかいってるみたいですが、それは言い訳にすぎません。ずーとあこぎな商売を続けてきたのがいけなかったんでしょうね。

お金を出せば誰でも本は出せるけど、それを書店に並べたり、読者に買っていただくことは、そう簡単なことではない。そのことが、この事例をとおして、多くの人にご理解いただければいいのですが。

<新風舎>民事再生法の適用申請へ……自費出版大手
1月7日11時3分配信 毎日新聞

 自費出版大手の出版社「新風舎」(松崎義行社長、東京都港区)が事実上倒産したことが分かった。7日午後、東京地裁に民事再生法の適用を申請する。負債額は約20億円で、関連会社の新風ホールディングスを含めると約25億円。新風舎によると、印刷会社の支援が既に決まっているといい、現在出版契約をしている約1100人の書籍制作を含め事業を継続しながら再建を進めていく。債権者向け説明会は9日に開く。

 新風舎は80年創業。自費出版業者の草分けとしてセミナーや相談会、さまざまな出版コンテストなどを開催して急速に知名度を上げた。

 同社が昨年末、債権者に送った文書によると、一部マスコミ報道による批判などから売り上げが急落し、債務支払いが滞ったという。同社は昨年7月、絵本や自伝を出版した複数の著者から「書店に並べて宣伝、販売するという契約と異なり、わずかな冊数しか店頭に並ばなかった」として提訴されている。

 「出版年鑑2007」によると、05、06年は新刊書籍発行点数(2719点、2788点)が2年連続で講談社を抑えて1位となっていた。帝国データバンクによると、ピークとなる06年8月期の年売上高は52億8600万円を計上していたが、昨年同期は46億1700万円に減少。最終純損失は4800万円になった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080107-00000022-mai-soci

日乗 | コメント (0) | トラックバック (0) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211225/17609180

この記事へのトラックバック一覧です:
自費出版大手の新風舎が倒産:

コメント

コメント書く