双風亭日乗

« ゴッドタン、おもろい | トップページ | 安ければいいのか? »

2008年2月18日 (月)

「龍が如く 劇場版」を観る

Ryu
ようやく観ました。「龍が如く 劇場版」(三池崇史監督、東映)。前から観たかったのですが、TSUTAYAで「準新作」になるのを待っていたんですよ。

ゲームのほうは、「龍が如く」「龍が如く2」ともにクリヤーしていました。だから、いったいゲーム内容のどの部分を映像にするのか、けっこう興味がありました。

映画の内容以前に、キャストがすごいです。主役は北村一輝。かっこいいっす。その他、高岡早紀や哀川翔、松重豊、田口トモロヲ、遠藤憲一、荒川良々、真木蔵人、塩見三省、そして岸谷五朗。

で、内容ですが、残念ながらいまひとつでした。それぞれのシーンは、それぞれの役者さんがいい味を出していて、いい感じです。しかし、ゲームのオリジナル・ストーリーが長いので、それを映像化すると、どうしてもショートカットしたり単純化することになってしまうんでしょうね。

そうはいっても、主人公の北村と岸谷の格闘シーンは、なかなか迫力がありましたよ。あと、刑事役の松重さんがシブい!

ぼちぼち「龍が如く3」が出るとのこと。でも、PS3なんですよね~。じつは、PS2は「龍が如く」をやるために買ったのですが、PS3も同じことになるのか……。そうなると、次に出す本が売れるまで、買えませんなぁ。

しかし、まあ、ヤクザの抗争をゲームにしてしまうという発想がすごいと思います。「週刊実話」がいまだに発行されているっていうことは、ヤクザに興味がある人が意外に多くいるっていうことなんですかね。

映画の内容は物足りませんでしたが、クレイジー・ケン・バンドが楽曲を提供したエンディング曲と挿入歌は、ひじょうによかった~。それらの曲を含むアルバム「GALAXY」をアマゾンで発注しますた。

日乗 | コメント (2) | トラックバック (0) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
「龍が如く 劇場版」を観る:

コメント

北村一輝、大好きです…。
韓国人俳優のコン・ユ君(殺し屋役?)はどうでした?

投稿: ハン | 2008/02/18 10:45:08

ハンさん、ごぶさたで申し訳ない。
コン・ユ君、殺し屋っぽい役割は、しっかりと演じていましたよー。荒川良々が、いきなりハングルを話し始めて、びっくりしたなあ。

投稿: lelele | 2008/02/18 17:19:17