双風亭日乗

« ちょっと高すぎません? | トップページ | 本田由紀さん情報 »

2008年6月19日 (木)

『軋む社会』のアマゾンレビュー

アマゾンの『軋む社会』のページに、同書のレビューがひとつ掲載されています。「本田由紀入門」という表現など、同書を紹介する際に、私の言葉が足りなかった部分を補っていただいているようなレビューです。また、出版社の者としても、出した本がこうして的確に読み解かれることは、至極の喜びでもあります。

以下、レビューを全文引用します。misoraさん、すばらしいレビューをありがとうございます。

崩音!?
2008/6/12
By misora

本書は、本田さんが、ここ数年間に発表された小論やコラム、対談を集めたもの。
専門的な単著もたくさん出されているが、それらに比べると本書は、かなり読みやすくなっており、”本田由紀入門”に最適だろう。

本田さんは、混沌としつつも、不安に満ちた「教育・仕事・若者の現在(副題)」から、「ハイパー・メトクラシー(超能力主義)」化への警鐘、「柔軟な専門性」の提唱、「<やりがい>の搾取」など、学者らしい切れ味のある抽象概念として問題を浮き上がらせてくれる。
それらは、決して理解が難しいものはなく、ごく日常的に、わたしたちが、やりにくいな、おかしいな、もっとこうあればいいのにな、と感じているものと同じだということに気がつく。

調査研究の成果を元に展開される論理の一方で、書かれた言葉の細部には、現状へのもどかしさ、それでも立ち向かう強い意志、正義感など、学者的というよりも、むしろ、人としての熱い願いに満ちあふれている。どうよ、どうよ、これでもか、と、学者としては、めったにないほど、想いをストレートに斬りつけてくる。

社会の軋(きし)みは、少しづつ、マシになりつつあるんだろうか。非正規雇用労働者の労働組合への参加が呼びかけられ、書店のベストセラー・コーナーには、かっこいい装丁をまとった『蟹工船』が並べられている。追い風はあるのかもしれない。

だが、現状の構造を変化させるには、ちっとも足りない。若者や労働者が、不安のない暮らしができるように、できれば、個人の適性や、生活スタイルにあうように。社会はやはり、すべての人にとって、より過ごしよい方向に、変わるべきだ。

「それを、あなたも、どうか手伝ってくれませんか」と、本書は締めくくられる。

”想い”は、困難を乗り越え、形にしなければならない。軋(きし)みは、より明確に鳴り響く。
それは、本書に共感を持つ者の課題となって。瓦解させてはならないものと、瓦解させるべきものを見極めつつ。

編集日誌 | コメント (0) | トラックバック (0) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
『軋む社会』のアマゾンレビュー:

コメント