双風亭日乗

« BPOに訴えられるから | トップページ | 業務連絡 »

2008年8月11日 (月)

子どもの仕事と親の思い

昨日、「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ系)の特選で「僕がホストになった理由2~友情と裏切りの街角~」が再放送されました。内容は、大阪ミナミのホストクラブをめぐる、さまざまな情景でした。

この番組を観ていて、もっとも気になったのは、以下のようなシーンでした。あるベテランホストには、自分の仕事が親に認められていないという悩みがある。その悩みを解消するため、ホストクラブの若手会長が彼と一緒に長崎までいって、彼の親に会おうとする。母親は在宅中だったが、彼の仕事を認めていないので、大阪からやってきたふたりを家に入れない。

で、その母親は盛んに「認めてませんから」っていうんですよ。怒った口調で。彼の仕事を、私(と夫)は認めていない、ということなんでしょう。この「認めてませんから」というのが、私にはとても気になりました。これって、おかしくありません?

息子は、けっして犯罪に手を染めて金を稼いでいるわけではありません。母親は、「水商売だから」とか「安定してない」とか「将来性がない」などといってました。だからといって、息子の仕事を認めないっていうのは、どういった了見なのでしょうか。

私自身は親がいなかったからわかりませんが、子どもの仕事っていうものは、親に認められなければいけないものなのでしょうか。子どものほうも、親に仕事が認められなければならないと思っているのでしょうか。親のいる家庭って、そんな雰囲気になっているのでしょうか???

もちろん、学生時代も含めた子どものときに、親からいろんな支援をしてもらった人はいるのでしょう。恩義があると思うのは理解できます。でも、とりあえず子どもが成人になるまでは、親が支援するのなんて当たり前のことじゃないんですか。支援したからといって、子どもの仕事を「認めない」などと親が恩着せがましくいうのは、どうなのでしょう。

子どものほうも、いままで育て上げてもらったのだから、仕事は親に認めてもらわなければならない、なんて考えているのでしょうか。これも私には不思議な感覚です。もう一度書きますが、親が子どもを育て上げるのは当たり前のことなんですから。だからといって、開き直ることはないと思いますが、自分の仕事が親に認められることを義務のように思っている子どもがいるとすれば、その子はきっと息苦しい思いをしていることでしょう。

もしかしたら、一般的な家庭には、そういう空気が漂っているのかもしれません。そうだとしたら、私はとんだ戯れ言を述べている可能性があります。いずれにしても、私は番組を観ながら「そりゃないよ、おかあさん!」と思ってしまいました。

日乗 | コメント (7) | トラックバック (0) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
子どもの仕事と親の思い:

コメント

仕事と結婚は親に「認めてもらう」ものになっているのでしょうね。
我が家の場合、自分の思うように生きて行きなさいといわれて育てられたにもかかわらず、私の進路も弟の結婚も親が「認めない」といいました(笑)。

投稿: 匿名 | 2008/08/11 11:33:36

ステキなブログですね☆

拝見させていただきました~♪

よかったら私のところにも遊びに来てください^^
ホストクラブ

投稿: ホストクラブ | 2008/08/11 15:05:28

ホストさんに歓迎されてビビッテいませんか。私ならビビリます。それはさておき、自分の親への理解が進みとても感謝しています。変な親たちなので家出をして来たのですが、マ、親殺しをしたつもりでした。じぶんの父親は母親をしらないで育ったせいか、弱者贔屓で立派なのですが、お前は恵まれているのを感謝しろと言い、生存中は子供には冷淡なくらいでした。死ねば恨みなどありませんが。母親はまだ健在でこれが2重人格でいまだに振り回されています。育つときには、いないと不便だった存在でしょうがずっと支配し続ける存在としてあるというのは困ったものです。なにしろ無意識に従属するよう刷り込みが行われているのですから、わけもなく心が痛んだりしてなかなか独立できませんよ。最近は構造主義とやらのおかげですこしづつ目からウロコがとれ生きやすくなってきてはいますが。

投稿: アーサー | 2008/08/16 11:06:51

ホストさんのコメントは、自動配信コメントですね(笑)。
すくなくとも、自分の子どもに対しては、必要最低限のことを自分がわかる範囲で「教え」て、何かを押しつけるようなことは極力しないように気をつけたいものです。そして、事あるごとに選択肢を提示して、自分で何かを選んでいけるような癖を、子どもに持ってもらえたらいいなあ、と思っています。
こんなことを書いておきながら、離婚して子どもと同居していないのが笑えますが。

投稿: lelele | 2008/08/16 13:30:29

「模索中に立ち寄りました。
  皆様素敵でビックリです!
  また、遊びに来ま~す!」
ホストクラブ

投稿: ホストクラブ | 2008/08/20 16:06:25

わたしが思うに、「認めてませんから」っていうのは世間が認めないというか、世間から認められない職業という意味あいなのではないでしょうか?おそらく世間体の悪さを母親は気にしているのでは?

投稿: なお | 2008/08/25 13:16:17

職業自体に卑賤はないですよね。

お子さんは親孝行したいおもいがあるから、
親の了解を得ることを気にしているのだと思います。

投稿: ホストクラブ | 2010/05/05 23:02:10