双風亭日乗

« 繭のなかの書店 | トップページ | 「エイズ新規感染、過去最多」なんだそうです »

2008年11月18日 (火)

虐待の公式

081117_c
昨日、NHKスペシャルで『微笑と虐待』という番組が放送されました。2003年にイラクのアブグレイブ刑務所で起きた虐待事件について、内部告発した元憲兵や虐待をおこなった元上等兵、そして刑務所の最高責任者であった元准将らの証言を元に、その真相を探ったものです。久々にみごたえのあるドキュメンタリーを観ました。

さて、私がこの番組を観ながら思ったのは、カンボジアのポルポト時代にも似たような話があったなあ、ということです。善意にもとづく理想や大義名分があって、それが実現できそうにない状況に追い込まれる。すると、元の大義名分を守るため、苦しまぎれに別の大義名分を持ちだす。

現場は混乱し、何でもありの状況になる。普段は隠れている人の暴力性や残虐性がおもてに出やすくなり、非日常的な状態が日常となる。その結果、虐待や殺人があたりまえになり、誰もそれに疑問を持たなくなってくる。後日、その虐待や殺人が発覚したときには、末端の関係者のみが裁かれ、上級幹部らは裁かれない。

以上の構図をごく簡単に整理すると、以下のようになります。「=」の左がアメリカ、右がカンボジアとなります。

アメリカ=カンボジア・ポルポト政権
イラク戦争=CIAやKGB、ベトナム人など、敵をつくりだす戦略
大義名分は、イラクの民主化=大義名分は、政権の安定
あるはずの大量破壊兵器がない。ほかの成果が必要=政権基盤が危うい。人々の気をそらす必要あり
捕虜を捕まえる=適当な国民を捕まえる
捕虜を虐待=国民を虐待、殺人
刑務所はやりたい放題=同じくやりたい放題
でっちあげの濡れ衣が多発=同じく多発
虐待が発覚=同じく
指示した上級幹部はおとがめなし=同じく
末端の職員だけが裁かれる=同じく

「捕虜を捕まえる」あたりから、両者ともまったく同じような状況です。このことが意味するのは、戦時や異常時の虐待や殺人は、あるスイッチが入ってしまうと、それが発覚するまでのあいだは、どんな国であれ、どんな地域であれ、どんな組織であれ、ほとんど同じようなかたちで事が進んでいく、ということです。

あるスイッチ、というのは、いうまでもなく「正義」や「善意」、そして「大義名分」というやつで、それを声高に言い出した瞬間から、その国や人は「正義でないもの」や「悪意」、そして「大義に反するもの」をつくり出さなければならなくなります。でも、相手が善と悪のグレーゾーンである場合もあるし、じつは相手が正しいと思われる場合もある。

そういうことがあきらかになってくると、大義を掲げた側は引っ込みがつかなくなるので、別の大義を掲げて保身に走ったり、でっちあげやごまかし、捏造などをおこなうようになる。大義を掲げるのはエラい人たちであり、末端の人たちはころころ変わる大義に右往左往し、混乱する……。そのあとどうなるのかは、同番組のとおり。そのうち再放送されると思いますので、ぜひそれを観てください。

こうした状態は、いうなれば公式のようなものなので、パターンにはまってしまうと避けることができません。予防はできるかもしれませんが。では、予防するためには、どうすればいいのか。それは、とても簡単なことです。

「正義」とか「善意」、そして「大義名分」を発する為政者の言葉に対して、たえず「ほんとかよ?」と疑問を抱く。いや、為政者だけでなく、一般の人であっても、そんな言葉を簡単に、声高に、「これが絶対だ!」みたいな勢いで語る人に対しては、疑ってかかるということです。そういう言葉こそが、虐待の入り口になりえるということですね。

「正義」「善意」「大義名分」を言い出すと、どうしても二項対立になりやすいし、ほかの価値を排除しやすくなってしまいます。Nスペ『微笑と虐待』では、大統領や長官といった幹部から末端の兵士まで、多くの人の発言や証言を明るみにだし、虐待の入り口は何なのかを明らかにしていました。

じつは、この番組から映画『ポチの告白』を連想してしまいました。虐待や排除への入り口やその仕組みというのは、アメリカという国家も日本の警察も、あまり変わらないんですね。

日乗 | コメント (0) | トラックバック (1) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211225/43149475

この記事へのトラックバック一覧です:
虐待の公式:

» 貧困につけ込むアメリカという国 トラックバック 札幌生活
イラク米軍脱走兵、真実の告発はイラクでのアメリカ陸軍の行為を告発する内容であるが、アメリカ軍の行為だけではなく、アメリカが抱えているどうしようもない格差社会をも告発していると感じた。... 続きを読む

受信: 2008/11/26 23:52:38

コメント

コメント書く