双風亭日乗

« 退学する高校生と無保険の子どもたち | トップページ | 携帯電話依存症について »

2008年11月23日 (日)

予想や印象でコメントしていいのか?(元厚生次官宅襲撃事件)

厚労相の元事務次官夫妻らを「おれが殺した」といって出頭した小泉毅容疑者を、警視庁が銃刀法違反容疑で逮捕しました。痛ましい事件なので、早期に解決すればいいと思っています。

さて、事件の内容うんぬんとはまったく別の視点から、この事件の報道を見てみる。つまり、世間に注目される事件が、いったいどのように報道されるのか、という視点で見てみると、マスコミがあいもかわらぬあきれた報道をしていることに気づきます。

本人の供述がまともになされていない。なのに、朝っぱらから「報道2008」(フジテレビ系)では、「犯罪心理学者」や「元警視庁捜査官」、「学者」が、したり顔して勝手な予想や印象でものをいっています。こういうの、いい加減にやめたほうがいいですよね。

また、本人供述があっても、警察がほんとうのことを発表しているかわからない。ほんとうかわからない情報を、記者クラブの連中がそのままテレビや新聞で垂れ流すだけ。取材された側の迷惑などかえりみず、ずんずん取材をしたうえで、重箱の隅をつつくようなことまで垂れ流す。朝一番で容疑者のアパート前から中継をする意味は、いったい何なのでしょう。滑稽ですね。

何よりも感じるのは、どうしてそんなにあせって、事件の詳細を知りたがるのか、ということです。世間が知りたがるからマスコミも報道するのか、マスコミが報道するから世間が煽られるのか。基本的には前者だと思うけど、後者の弊害もあると思わざるをえません。世間が知りたいからといって、先走って適当な印象や予想にもとづくコメントを垂れ流されても、世間の側はいい迷惑です。

誰かが印象や予想にもとづいて適当なコメントを述べ、それがテレビや新聞をつうじて世の中に流布してしまう。その印象や予想が正しければいいけれど、もしまちがっていたら、いったい誰が責任をとるのでしょうか。コメンテーターのみなさんの多くは、ほおかむりをして終了となることでしょう。

こんなことをいうのは、けっして容疑者を擁護するということではありません。そうではなくて、大きな事件や事故をマスコミがどのように報道するのか、また生放送でコメンテーターが印象や予想にもとづいて、事件や事故のことをだらだら話すような番組を放送することに、どんな意味があるのか、ということを問いたいんですね。

そういうことを考えるのに、冒頭の事件はちょうどよい事例になりそうなので、しばらくは事の経緯を見すえていこうと思います。とりあえず今朝の「報道2008」は最低でした。

************************************

その後、「サンデープロジェクト」(テレビ朝日系)でも、大御所司会者と元読売新聞記者が深刻な顔をして推測のコメントを炸裂してました。元記者さん、黒田軍団のころの志はどこへいってしまったのか。

************************************

11月23日12時58分に産経新聞が「『犬死んで落ち込んだ』『反抗期なかった』…小泉容疑者 父親の一問一答」という記事をネットで配信。小泉容疑者のお父さんが誠実に答えてくれるものだから、調子に乗ってコメントを配信しているが、このあとお父さんが地域社会や世間からどんな仕打ちにあうのか、記者はわかって配信しているのでしょうか。自分がその仕打ちに加担している可能性があることを、理解しているのでしょうか。仕打ちにあったら、記者は責任をとって、お父さんを助けてあげるのでしょうか。お父さんは、10年近く息子と会っていないのだから、小泉容疑者の身代わりの山羊みたいにメディアで露出させるのは残酷なこと。そんなことは、ちんぴらブロガーの私にもわかりますよ。

日乗 | コメント (2) | トラックバック (1) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
予想や印象でコメントしていいのか?(元厚生次官宅襲撃事件):

» 「次官殺した」男出頭 トラックバック 王様の耳はロバの耳
「次官殺した」出頭の男逮捕へ、所持のナイフに血(読売新聞) - goo ニュース 朝TVを付けたら各局のニュースは「元政務次官殺害をした」と警視庁に出頭してきた男の話で持ちきり。 {/kaeru_shock1/} 昨夜9時20分ごろ警視庁に出頭した男は「次官を殺した」と語り、乗りつけた軽自動車の中から「血の付いたナイフ」他ナイフが複数発見されたとか。 男は浦和市北区に住む「小泉毅(つよし)」46歳の様で身柄を麹町署に移送の後銃刀法違反容疑で逮捕された(様だ) {/face_ase1/} 移送中の写... 続きを読む

受信: 2008/11/23 10:41:06

コメント

はじめまして。
記事にとても共感したので、コメントさせていただきます。


私も大きな事件があるたび、待ってましたと言わんばかりに騒ぎ立てるマスコミにいつも疑問や嫌悪感を抱き続けていました。

そのマスコミと一緒になって、口々に自分の推測や意見を言い出す家族にも苛々してしまうくらいで…


今回このブログを偶然見つけて記事を読ませていただいたら、私の漠然とした疑問や嫌悪感が、明確な言葉になって書かれていたので驚きました。

私はまだ16歳で、言葉の引き出しが少ないせいか、自分の疑問や感情を言葉にしにくくて。

ニュースを見ていてなんでこんなに苛々するんだろうと思っていたので、なんとなくすっきりしました。


これからもたまに覗きにきます。
更新頑張ってください。

投稿: 彩 | 2008/11/24 23:20:06

彩さま、コメントをありがとうございます。
お言葉を励みに、がんばって更新するようにいたします。

投稿: lelele | 2008/11/25 9:55:11