双風亭日乗

« 最後の講義(明大で臨床社会研究特論をとっている学生さんへ) | トップページ | 『軋む社会』、週刊ブックレビューに登場! »

2009年1月22日 (木)

21日は「逆走の日」?

びっくりしました。
昨晩、携帯版の「朝日・日刊スポーツ」を開いたら、逆走の記事が三つ。高速道で逆走されたら、対抗車線にいる車は、たまったものじゃありませんよね。

あと、逆走した三人のうち、ふたりが80歳代でひとりが60歳代。

こういう記事を読むと、運転歴26年で44歳の人(私ですね)の免許更新が半年遅れたから、仮免からやり直せなんていう制度を維持するより、高齢者の免許更新を徹底しておこなう制度をつくったほうが、世のため人のためになるんじゃないかなあ、なんて思ってしまうのは負け惜しみみたいなものでしょうか(笑)。

これらの記事を読んだ印象からいうと、高齢者による交通事故っていうのは、けっこう起きているのではありませんか。別に高齢者バッシングをしようというわけではありません。年をとったら、だんだん身体にガタがくるのは仕方のないこと。

でも、身体にガタがきている人が運転する車は、記事が示すとおりに、一歩まちがえれば凶器になってしまうのだから、野放しで運転させている現行制度は問題がある、と思うわけです。

まあ、免許を失効して早一年が過ぎた私には、運転免許制度なんてどうでもいいわけですが、その制度の不備によって私が被害をうける蓋然性があるのなら、一言いいたくもなりますよ、そりゃ。

とはいえ、首都圏に住んでいるいまだから、免許なんてどうでもいい、などといっていられるのかもしれませんね。以下、逆走記事を三連発で引用します。いずれも、1月21日に朝日新聞の携帯サイトにて掲載されたものです。

中央道逆走のトラック運転手、正面衝突で死亡
21日午後8時20分ごろ、東京都三鷹市新川の中央自動車道下り車線の三鷹料金所付近で、「トラックが逆走している」と目撃した人から110番通報が入った。警視庁高速隊によると、数分後、東へ約2.5キロ離れた世田谷区北烏山のトンネル付近で、逆走していた1.5トントラックと大型トラック(9トン)が正面衝突した。<以下、省略>

福井の北陸道、86歳が2キロ逆走
21日午後2時ごろ、福井市上六条町の北陸自動車道下り線で、越前町の男性(86)が追い越し車線を逆走、同車線を走行していた福井市の女性会社員(28)が、左に避けようとしてガードレールに衝突した。<以下、省略>

83歳男性の車、山陽道を3キロ逆走
21日午後2時50分ごろ、山口県周南市の山陽自動車道上り線徳山西インターチェンジ(IC)付近で車が逆走していると110番通報が相次いだ。県警高速隊が同ICで車を発見し、運転していた同県防府市の男性(83)に事情を聴いたところ、逆走を認めたという。<以下、省略>

日乗 | コメント (3) | トラックバック (0) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
21日は「逆走の日」?:

コメント

 普通この場合だと「逆送」ではなく「逆走」ではないかと思うんですが、朝日新聞が間違えているんでしょうか。つまらない揚げ足取りでしたらすみません。。。

投稿: 石 | 2009/01/22 13:27:16

たいへん失礼しました。「送」ではなくて「走」ですね。お詫びして、訂正いたします。石さん、ご指摘ありがとうございました。

投稿: lelele | 2009/01/22 13:31:17

確かに、高齢者の方の免許維持制度の見直しに労力をかけていただくほうがよっぽど世の為ですよね!

私も先日首都高を走っていたら、もみじマークをつけた車に出くわし、なんとその車は2車線のド真ん中を恐るべきスピード(おそらく40キロ位)で走行してました。。。

首都高では貴重な直線で追い抜きがてら運転席をチラっと見ると「そんなに座席前に出さなくても!」ってぐらいハンドルにしがみついて、ギリギリ状態で運転している80歳ぐらいのおじいちゃんが!!

その後もう1台出くわしたもみじマーク車には高齢のご夫妻が乗っており、一ツ橋JCあたりで行きたい方向を間違えたのか、分岐の目の前で急停車し、地図を見始めるという恐るべき行為に。。。。

私はこれ以降、できるだけもみじマーク車には近づかないようにしております。

投稿: なお | 2009/01/22 15:04:17