双風亭日乗

« コメントを承認制にしました! | トップページ | 広告の左端に注目! »

2009年4月21日 (火)

「子豚殺し」を語る

Buta
今回は、「子猫」の話じゃなくて、「子豚」の話ですよ(笑)。一昨日、前田哲監督「ブタがいた教室」(2008年)をDVDで観ました。以下、感想です。

第一に、一般向けの映画として公開するのは、これが限度なのかもしれないなあ、と思いました。第二に、子どもたちが「育てた豚の世話を下級生に任せる」か「食肉センターに引き取ってもらうか」という二択について議論します。この問題は、たとえおとなが一緒に議論したとしても収拾がつきにくいものであり、この映画でもっとも注目すべきシーンだと思いました。

第三に、教師は「育て、殺し、食べる」という前提で子豚を教室に持ってきたのに、その生死に関する判断を生徒に丸投げしてしまうのはどうか、と思いました。元ネタは実話なので、実際に教師がそういう振る舞い方をしたのかもしれませんが。

教師が教室に持ってきた時点で、子豚には殺されて食べられるということが決まっている、ということがもっとも重要な点でしょう。そうなると、なぜうちの子猫は殺され食べられないのに、子豚は殺され食べられるのか、すなわち殺される動物と殺されない動物がいるのか、ということを生徒が議論するのならわかるんですよ。

ところが、映画ではそういう話になっていません。食肉センターに引き取ってもらう生徒の声は、一生懸命、育てた豚が殺されるのはかわいそうだから、食肉センターに引き取ってもらうのは反対とか、普通の豚は殺され食べられるけど、私たちの豚はその豚とは違うから殺せない、とか……。


人間は、基本的に人間以外の動物を差別・区別しており、自分の都合でかわいがる動物と殺す動物を分けていること。人間は食わなければ死んでしまうので、人間の都合でほかの動物を殺して食べているという、「業」ともいえるような現実。さらに、自分で動物を殺したり解体するのは嫌だから、一部の人たちにその作業を押しつけてきたという、動物を殺したくない人たちの身勝手さ、およびその歴史。

屠畜を考える場合には、以上の点が抜けてしまうと、どうしても「かわいそう」という情緒的な話に押されてしまいがちになります。そして、なにより重要なことは、以上の点に関していえば、食べるかどうかという点を除けば、「子豚」も「子猫」もたいして変わりがないということです。

この映画の反響については、映画生活というサイトの「豚がいた教室」のレビューが参考になります。

http://www.eigaseikatu.com/imp/23411/

このレビューをさっと読んでみると、どうして「子豚殺し」に関してはこれほど慎重かつ冷静に議論ができるのに、「子猫殺し」になると軽率かつ興奮した議論になるのか、と思わざるをえません。いずれも猟奇的に動物を殺しているのではなく、理由があって動物を殺してるわけです。

話を煎じ詰めれば、いずれも人間が人間以外の動物を、人間の都合で勝手にかわいがったり殺したりしている「だけ」の話じゃありませんか。なのに、「子豚」は騒がず「子猫」で騒ぐ。どうしてそうなるのか?

内澤旬子さんが世界の屠畜現場をまわって書いたルポルタージュ『世界屠畜紀行』(解放出版社)には、日本も含めた世界各地で牛や豚、ヤギ、ラクダ、犬などが殺され、食べられていることが紹介されています。さまざまな動物が殺された話が満載の内澤ルポは冷静に読めて、子猫が殺されたエッセイ「ごとき」(ここではあえて「ごとき」と記します)で激情して騒ぐのは、どうしてなのか?

映画を観ながら、つらつらとそんなことを考えてしまいました。内澤さんに『「子豚殺し」を語る』って本でも書いてもらおうかなぁ。あっ、他社の企画を横取りするような姑息なマネは、しちゃいけませんな(笑)

この映画は、小学校高学年から中学生あたりに見せて、それとセットで食肉センターの見学にいったりすれば、けっこう有意義な課外授業になるんじゃないかと思いました。きっとPTAや教育委員会が、そんなの許さないんでしょうけれど。

「子猫殺し」再考 | コメント (4) | トラックバック (0) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211225/44727819

この記事へのトラックバック一覧です:
「子豚殺し」を語る:

コメント

こんにちは内澤です。以前にはてなプログで書いたこの映画の感想を再掲載しましたのでお読みいただければ幸甚です。

http://kemonomici.exblog.jp/

この映画を語ろうとすると結局教育とは何か、について考えざるを得なくなりまして、豚を飼い食べるということになかなか到達しないんですね。それもまた「命の教育」なんでしょうけれど、ど、ど。以下略。……承認されたいので(笑)

投稿: 内澤旬子 | 2009/04/22 15:10:19

内澤さん、コメントをありがとうございます。
映画の感想、とても参考になりました。

投稿: lelele | 2009/04/22 23:16:21

「無痛文明」(森岡正博さんは坂東さんの出身高校の後輩)ということばを思い出して、クリアに構造がわかったように思えた。

彼女があのエッセイで言ったことは次の2つだ。
1.(他人がそうするのを否定しないが)私には不妊処置は不自然であるように思えてできない。
2.だから私は裏庭に子猫を捨てている(殺している)。

この騒ぎは2.について起こった。
1.についてはどうなんだろう。
小谷野敦さんがつとに指摘されているように、ひとつの生命の自由を奪い、私的所有し、種を商品化し、そのものから〈癒し〉のような快楽を得ることは「殺生」でしかない。彼等が得ているものとほぼ同等量の(負の)エネルギーが「保健所の大量虐殺」という形で現れている。「大量」の意味はペットの商品消費量と同じものであり、ペット商品流通からの利益がなくなれば「殺生」は、前近代で行なわれていたような、最小単位のものになる。山から下りてきたクマの処分と同じ感覚で、生活しているものがその生活の延長上で行なうものになる。

坂東さんのように、保健所や獣医の「安楽死」などにまかせずに、その自分の所業(殺生)に直接かかわろうとするとどうなるのだろう、というのが、彼女のエッセイの2の顛末だ。
この無痛文明=消費文明の中で生きているわたしたちには、それが許されていないということなんだろうと思う。
人工的にコントロールされているのを先のAERAで読んだ。(犬を殺さないドイツの常識,AERA,朝日新聞社,2009.9.7.)日本もいずれそうなるのだろうか。秒読み段階なのだろうか。

『傀儡』(「無痛文明」から自由な人たちの物語)がゾクゾクするほど面白い。何度も読み返している。そのたびごとに、物語の中の沙依拉夢の移動とともに、(言語化できない)幸福の中に生きているのを感じる。いまのところ、まだ私は。

投稿: haineko2003 | 2009/09/16 19:46:03

初めまして
子猫殺しのエッセイを書いたひとは猫を食用として飼っているとは書いてありませんので殺す理由にはならないのでは?と思います。
間違ってたらすみません。

投稿: tca | 2009/12/12 16:29:59

コメント書く