双風亭日乗

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

こんなことを書いたら、元も子もないのかもしれませんが、民放各局が新聞記事の紹介を基調にした朝の情報番組を放映していることが、不思議でなりません。

番組内容のほとんどが、新聞が取材した記事に対するコメントやら解説であり、独自に取材したネタなど、ほとんどありません。それも、似たような時間帯に、各局が似たような番組を放映しています。

新聞に載っていることは、新聞を読めばいい。また、記事のほとんどは、すでにネットで知ることができる。まあ、一局くらいであれば、新聞記事を紹介する番組をやってもいいかもしれません。でも、各局が横並びでやる必要は、まったくないと思います。

極端にいえば、ニュースの報道はNHKだけに任せて、あとの局は独自のネタを独自の視点で取材して、報道したほうがいいと思います。そのほうが、新聞では紹介されないような社会問題があぶりだされたり、注目されたりすると思います。

テレビ番組の内容は、視聴者の欲求にしたがう、とよくいわれます。しかし、朝の新聞紹介情報番組を各局が横並びで放映することを、ほんとうに視聴者は求めているのでしょうか。求めていないと思うんですけどね……。

仮に、視聴者が求めていないのに、横並びでそういう番組を放送しているのであれば、それは単に局側の都合によるものだということになります。経費不足とか記者やディレクターの力不足など、いろいろ事情があるんでしょう。

でも、ちゃんとした記者やディレクターを養成して、ときには中途採用でで優秀な人を採用したりすれば、森達也さんや思田和弘さんのようにハンディーカメラひとつで取材できる時代なのですから、人材の問題などどうにでもなると思います。

けっきょく、最大の問題は経費不足にあるのでしょう。経費が不足する最大の原因が、減少する広告収入に対して、局のプロパー社員の給料が高すぎる点にあるということは、このブログで何度も述べてきました。

そして、広告収入が減った分の穴埋めは、下請けの酷使というかたちでおこなわれています。いまや、多くの番組を下請けがつくっていることを考えると、下請けを酷使しつづけていけば番組内容の劣化は必然です。

ようは、プロパー社員の給料を下げないと、テレビの未来はないということですね。新聞や出版も、構造は似ていると思いますが。

日乗 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月29日 (水)

昨日は、想田和弘×森 達也トークショー「映画『精神』から考えるこの国のメディア」@青山ブックセンター本店にいってきました。一流のドキュメンタリー監督であるおふたりの話で、もっとも興味深かったのは、過剰な予防線をはったうえでの映像編集と取材対象者の肖像権問題でした。

前者は、過剰にモザイクをかけてしまったり、録音した人の声を消して別の人の声をかぶせたり、他社と横並びにするというくだらない理由で字幕をつけたりしていることについて。おふたりとも、いまの日本のテレビは、モザイクもアフレコも字幕も過剰だという点では一致していました。

後者は、取材対象に断らないで取材し、映画なりテレビなりでその対象がうつっていると、アメリカではすぐにクレームをつけられると想田さん。だから、映像に映りこむ取材対象には、書面で許可をもらうようにしているとのこと。一方、そんなことをしていたら取材にならない、と森さん。ちゃんとしたドキュメンタリーを撮るのなら、人権とか肖像権とかは無視するといってました(冗談かどうかは不明)。

肖像権の問題は、むずかしいですね。猫も杓子も肖像権になってしまったら、カメラを使用した取材がどんどんできなくなってしまいます。かといって、カンボジアで大量に見かけた日本人観光客のごとく、現地の人たちに「撮らせて」の一言もなく、バチバチと人物の写真を撮っているのも、なかなか見苦しい光景です。

取材される側は、取材活動によって誰もがメリットをうける可能性があるという前提に立ち、肖像権を過剰に主張しない(もちろん、相手がひどいときには主張する)。そして、取材する側は、だからといって、それにつけこんでリテラシーもなく映像や画像を撮るのではなく、十分に相手の気持ちを察したうえで取材する。

これは理想ですが、けっきょくは取材される側とする側の両者にメリットがあるよう、ラウンドテーブルを囲んで話し合うなり調整するなりして、落としどころを見つけていくしかない、と思います。

ちなみに、カンボジアで日本人観光客を相手に12年ほど商売をした私は、現地にいたときも、いまも、人物の写真はほとんど撮らなくなってしまいました。現地の子どもは目がきれい、などといって、キャアキャア言いながら写真を撮りまくってる日本人観光客には、「カンボジアの子どもは、動物園の檻のなかにいる動物じゃないんだよ」とだけいっておきましょう。

まあ、こういう輩がいるから、肖像権というものをちゃんと考えなきゃなあ、と思うわけですが。

日乗 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

20090725201410
土曜日は隅田川花火大会。会場の近くにいくと超混雑しているので、隅田公園から見物しました。写真のとおり、木と木のあいだから見えた花火は、半欠けだったのですが(笑)

さて、このブログで何度も書いていますが、何かしらを印にしたうえでの差別や排除は、なくならないという前提で考えたほうがいいと思います。

たしかに、差別や排除がなくなったらいいと思うけれど、なくすのが困難なものをなくそうとすれば、かならず無理をしなければならなくなります。そして、その無理がさらなる差別や排除を生んだりします。

そもそも、差別や排除のほとんどは無根拠のものが多く、さまざまなかたちの「刷り込み」によって生まれています。だから、ほんとうは差別や排除をする側が、どのように刷り込まれているのかを自覚すれば、その無根拠さに気づきくと思います。

しかし、現実はなかなかそうなりません。個人レベルでは、いちいち差別や排除をする理由を考えるのはめんどうだし、国家や組織レベルでは、その差別や排除が政策に利用できたりするからです。

基本的には、差別や排除をする側に問題があるのだし、される側が不当な差別や排除について訴え続けることは、必要なことだと思います。ただし、それをいくらやっていても、両者の溝がうまる可能性は低いでしょう。

このように、差別や排除をなくすのは困難なわけですが、差別や排除する側とされる側が歩み寄ることはできる。対話をすれば、差別や排除の無根拠さや刷り込み加減について、おたがいに理解できる可能性がある。

知らぬ間に、アメリカで、以下のような出来事が起きていました。宮台さんのブログ経由で知りましたが、オバマ大統領の対処は、賞讃に値するものだと思います。出来事の詳細は以下です。

自宅の扉の鍵を忘れた黒人の大学教員が、扉の前で鍵をガチャガチャやっていた。
それを白人警官が見つけ、大学教員は逮捕された。
オバマ大統領は、この白人警官の振る舞いについて「stupid」と発言。
この大統領の発言について、国中がけんけんごうごう。
そして、そのあとで大統領がとった対処が……。

オバマ大統領のとった対処は、坂之上洋子さんのブログ「犬も歩けば 渋谷にあたる」に詳細が書かれているので、そちらをご覧になってください。リンクは以下です。

オバマの問題解決能力
オバマの問題解決能力 追記

日乗 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

Photo
お待たせしました。半年ぶりに新刊を出します。

8月20日の配本予定で、定価は1800円(税抜)です。

今回は、目次とオビなし状態のカバー画像を紹介します。

なお、本書の刊行を記念して、8月30日に某書店で、仲正昌樹さんのトークショーを開催する予定です。詳細は追ってお知らせします。

仲正昌樹 著
Nの肖像――統一教会で過ごした日々の記憶――』


<目次>

■序章 消せない記憶
■第一章 広島県呉市
■第二章 統一教会との出会い
■第三章 原理研究会と左翼
■第四章 信仰の日々
■第五章 疑念のはじまり
■第五章 脱会
■第六章 宗教を考える
■第七章 体験としての統一教会

編集日誌 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

土曜日に、「LIVE FACTORY 2009」というライブイベントにいってきました。フジテレビのCSで生放送する(ダイジェストは地上波でも放送する)ための企画ですね。

6組のバンドが出演したのですが、15時スタートで終わったのが21時半。私は、16時すぎにいったので、5時間半くらいZepp Tokyoのなかにいたことになります。

見たかったのは「髭」と「浅井健一」(愛称は、ベンジー)、そして「The Birthday」の三つでした。うち、「髭」と浅井さんは、お初となります。

とにかく、浅井さんがよかったです。歌もいいし、演奏もいい。あんなにギターがうまいとは……。ブランキーの曲で唯一、私が知っている「ディズニーランドへ」という曲をやってくれたのは、嬉しかったです。

「The Birthday」は、いうまでもなくカッコいい。いま、日本の四人組ロックバンドでは、歌も演奏もトップレベルだと私は思っています。ヴォーカルのチバユウスケさんは、本物のロックンローラーですね。

残念だったのが「髭」。CDは何枚か聞いていて、曲も好みのものが多いのですが、ライブでは歌が聴き取りにくく、またツインドラムの片割れが拡声器でガーガーいってるのもどうかと思いました。人それぞれ、好みがありますから、あれがいいっていう人もいるんだと思いますが。

おそらく、確実にいく年内のライブは、9月の矢沢永吉@東京ドーム(おいおい……)と12月の吉井和哉@武道館あたりでしょうか。

最近、ライブにいくと、渚カヲル君ではありませんが、「歌はいいねぇ、歌は心を潤してくれる」なんて思ったり(笑)。

仲正さんの統一教会体験をつづった本。タイトルは『Nの肖像』に決定。諸作業は、順調に進んでいます。来月下旬の発売予定です。詳細は追って。よろしくお願いいたします。

日乗 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

麻生政権の支持率が落ち、そのまま都議選に突入。そして自民党の惨敗……。現在、自民党の迷走について、雪崩のような報道が続いています。

私が注目したいのは、都議選の前と後で、いかにテレビコメンテーターによる自民党への批判が変わったか、についてです。

前提として、長期にわたった自民党政権により、世の中にさまざまな歪みや軋みがでていることは確かだと思うので、政権交代には賛成です。

民主党がよい、とあまり積極的には思えません。それは、自民党と民主党には、政策的にも似たような議員がけっこう多いと思うからです。それでも、消去法でいくと民主党しかないので、今回はそれでもいいかな、という感じですか。

で、コメンテーターの話。都議選を境にして何がかわったか。まるで、鬼の首を取ったように自民党を罵倒したり強い言葉で批判するコメンテーターが増えました。それも、局出身で元政治部の人や、局の系列の新聞で政治部にいた人とかが、そうなっています。

まあ、そういう人たちが、都議選の前も後も、一貫して自民党を罵倒しているんだったら、別にいいんですよ。テレビを観ていて、私が気になるのは、その態度が「豹変」したことなんです。都議選後、ここぞとばかりに、血走った目つきと強い口調で、自民党をなじる。

まるで、山羊を血祭りにあげているような、コメンテーターらの振るまいを観ていると、なんだかやりきれない気持ちになってきます。現在の自民党の迷走についても、ご都合主義だと彼らは責め立てているけれど、それをいってる自分らだって、十分にご都合主義じゃあないか、と。

念を押しておきますが、こんなことを書いてる私は、自民党を支持しているわけではありません。どちらかというと、自民党にはネガティブな印象を持っています。そんな私でさえ、あきれるようなコメントを吐いている人が、テレビのコメンテーターにはたくさんいるわけです。

そういう彼らを観ていると、人っていうのはほんとうに、山羊を血祭りにするのが好きなんだなあ、なんてことを思ってしまうのは私だけでしょうか。したり顔して、ぺらぺらしゃべる彼らを観ていると、山下達郎の「Hey Reporter!」という曲を思い出します。

一方で、ついに自民党も山羊あつかいされてしまうような時期が来たんだなあ、と感じたり。

日乗 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

漫画家の清野とおるさんがやっているブログ「清野のブログ」がおもしろすぎます。

とりあえず、上記のリンクをクリックして、「おもしろい顔②」をご覧になってください。Sさんがいい味を出しまくっています。

浅草観音裏にも、おもろいおっさんやおばちゃんがたくさんいるけれど、さすがに写真は撮れないっすね……。

日乗 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

昨日は、吉井和哉さんのツアー「宇宙一周旅行」最終日にいってきました。会場は、代々木第一体育館。

イエモンが流行っていた時期には、カンボジアにいました。だから、イエモン時代はぜんぜん知らないのですが、YOSHII LOVINSONや吉井和哉としてソロ活動してからの曲は、よく聴いています。

「ノーパン」という曲ではじまったライブは、最高でした。吉井さんはスターだな、と思いましたね。体育館だから音が悪いのは、永ちゃんのコンサートで経験済みなので、とやかく言いません。

「また、吉井さんのライブにいきたいな」と思いました。最近、ライブにいきたいと思うアーティストは、吉井さんのほかだと、クレイジー・ケン・バンドとサンボマスター、あとアンジェロくらいですか。再結成もありだったら、ラルクとPIERROTを聞いてみたいです。

日乗 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
西新井のTOHOシネマズで鑑賞。事前情報を仕入れずに観たので、いろいろとびっくりしました。おもしろかったです。

『フリークス』
1932年にアメリカのトッド・ブラウニング監督によって制作された映画です。適当に借りてみたら、大当たりの映画でした。当時、見世物小屋で活躍していた人々(奇形の人や障がいを持つ人を含む)がそのままキャストとして登場します。私が小学・中学のころまで、奇形の人はけっこう巷で見かけましたが、いまはぜんぜん見かけません。彼らは、どこにいってしまったのでしょう。あっ、このDVDは、TSUTAYA浅草店で借りました。

佐内正史写真集『EVA NOS』(対照)
欲しかったのですが、高くて買えなかった写真集。某所で見ることができました。ひたすら、パチンコ「CR新世紀エヴァンゲリオン ――使徒、再び――」のさまざまな液晶表示を撮影したものです。「パチンコの液晶表示って、こんなに美しいものだったのか」と思いました。あまり深い意味は考えずに見ましょう(笑)。ちなみに、「対照」というのは佐内さんが自主的に写真集を発行・発売する版元。3カ月に一度くらいのペースで、興味深い写真集を連発で発売しています。

『ピンク・フラミンゴ――特別篇――』
1972年にアメリカのジョン・ウォーターズ監督によって制作された映画です。オリジナル作品に、監督による解説と未公開カットが加わって、「特別篇」に。あと、映像も加工されている模様。「世界一お下劣な人間」が主人公のカルト映画で、ストーリーがどうこうというよりも、登場人物のキャラの濃さと変態ぶりが際立ち、画面から目がはなせません。『ファニーゲーム』と同じで、人間が一番怖いし、おもしろいということが、よくわかる映画でした。これもTSUTAYA浅草店でレンタル。

日乗 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

殿山さんは、こんなにいろんなことをやっていたんですね。
仕事がたて込んでくると、こういうユーモアに癒されます。

消臭プラグのCM

日乗 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

中村うさぎさんが「週刊文春」で連載している「さすらいの女王」ですが、税金を滞納しているため税務署が自宅に差し押さえに来る、ということが最近のネタになっています。

ゴミやらモノが氾濫している部屋の様子や、差し押さえられるような高価なものがないことなどが書かれています。また、若い税務署員が引き出しをあけると、そこから大人のおもちゃが出てきたり(笑)

そういえば、私の持ち物でもっとも高価なものは何なのだろう。以前はエアロアシスタントという電動自転車があったのですが、昨年末に盗まれました。パソコンも七年物だし、テレビも九〇年代のもの。何百冊かある蔵書を古本屋に売るのが、もっとも金になることに気づきました。

税務署がウチに差し押さえに来ても、なんの収穫もないですね、こりゃ。

で、その自転車なんですが、マンションの駐車場内に止めてあったのを盗まれたんですよ。こけおどしで、ロックは二個かけていたんですが、あんなのすぐに切れるんですよね。

昨年一二月初旬のある朝、自転車で買い物にいこうと思ったら、止めてあったところにない……。そりゃあ、ショックでしたよ。繰りかえしますが、一応、私の持ち物で一番高価なものですからね。でも、ほぼ同時に、自転車が盗まれたことよりもショックなことが起きました。

私にも彼女がおりまして、その彼女にメールで「自転車が盗まれた」と悲しみのメールをすぐに送りました。ところが、そんなに忙しくないはずの彼女からはノーリアクション。当時、ふたりの関係があまりうまくいっていなかったので、それは仕方のないことでした。それでも……。

ショックでしたね。当然、自転車よりも人のほうがたいせつですから。そんなこんなで、彼女の態度ばかりが気になってしまい、自転車が盗まれたことには、あまり怒りがわかなくなってしまいました。

その後、彼女とは和解したのですが、自分でも「こんなことでいいのかな」と思うくらい、自転車が盗難されたことに関しては、いまだに寛容に受けとめているのです。いい自転車だから、中国あたりで誰かが乗ってくれてたらいいなあ、って感じです。

人の感情というのは、不思議なものですね。

日乗 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

20090629044121
ふぅ~。

最近、一仕事おえて、ふと気づくと日が昇っていたりします。

で、朝のニュースを見て、軽く食事をして、寝る。

集中してやる仕事は、夜中にやるほうがはかどります。

不健康ですが。

まあ、きれいな朝日が見られるから、いっか(笑)。

小谷野敦さんが「死の絶対性」というエントリーで日記を書いていたけれど、「死者をめぐる言葉のあれこれは、生きている者の感傷に過ぎない」というのは、もっともだと思いました。さらに、小谷野さんは以下のように記します。

「近親を失っても、いつか、一日、その人のことを考えずに過ぎる日が来る、と言われるが、母が死んで一年半たった今、母が死んだことを思い出さない日はない。ほとんど生き地獄である。母の死の前と後とで、私の人生は二分されている」(http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20090628)

私は私生児で、母親が小四のときに死んだことは、このブログに何度か書いています。たしかに、母が死んでから数年は生き地獄でした。とはいえ、ある時期から母のことなど、まったく思い出さないようになり、現在にいたります。

そんな私が無情な奴なのかどうかは、他人が判断することなのでどうでもよいのですが、小谷野さんがご指摘になるのは、「近親を失っても……日が来る」という部分は人それぞれなのだから、そう思っていても他人にそれを押しつけるなっていう話のような気がします。

世の中には、自分が感じたことや思ったことは、きっと他人も感じたり思ったりしていることだと安易に考え、自分が感じたことや思ったことを他人に押しつけるひとがたくさんいます。とくに、酔っぱらいの多いバーとかに……。でも、感じることや思ったことが他人と同じであることなんて、まれでしょう。

結局、いろいろ違うけど、すこしずつ擦り寄って、合意点や同意点を見つけるしかない。違いが平行線なら、自分が許容する範囲で、違うことを認め合えばいいんじゃないのかな。こんな当たり前の話を、アホみたくつらつら書いているのは、眠気のなせる技かもしれません。とにかく、押しつけはやめてほしいっす。

「死の絶対性」といえば、藤原新也さんがブログの「ネダの死とナイラの偽証」というエントリーで、イラクで死んだネダという少女について書いています。どこの社会であれ、人の死を政治的に使いはじめたときには、すこし警戒したほうがいいのかもしれません。

靖国問題とかもそうだけど、「死の絶対性」を意識していれば、死んだ人が自分の死後に自分の扱いがどうなることを望んでいたのかなんて、遺書でもないかぎり誰にもわからないことは明白です。死んだ人を政治的に利用する人たちは、結局、利用する側の思惑を死んだ人に押しつけているように見えます。また、押しつけ……。

人は、生きている人にも死んだ人にも、押しつけることが好きなんですねぇ(笑)。

日乗 | | コメント (2) | トラックバック (0)