双風亭日乗

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

20090930034641
私には、空白の12年というのがあります。このブログの読者はご存じだと思いますが、カンボジアに滞在した12年(1990-2002年)のあいだ、日本の音楽を聴く機会があまりなかったのです。

さて、毎回、特定の人物への濃厚な取材を決行する雑誌「プリンツ21」。今回の特集は、ベンジーこと浅井健一さんです。浅井さんといえば、ブランキージェットシティー(BJC)なのですが、BJCが「三宅裕司のいかすバンド天国」に初登場したのが1990年8月4日。私が日本からカンボジアに旅立った直後でした。

BJCやシャーペッツ、アジコ、ユダ、そして最近はソロでアルバムを発表していますが、それら浅井さんがらみの曲を聴きはじめたのは、帰国した2002年以降。浅井さんは、バースデーのチバユウスケさんや吉井和哉さん、クレイジーケンさん、奥田民生さん、遠藤賢司さんらとならび、45歳のおっさんがカッコイイと思える数少ないミュージシャンであります。

ところで、「プリンツ21」ですが、特集を読むと、現時点での浅井さんのすべてがわかる構成になっています。私が注目したのは、「フェイヴァリット・カルチャー」のページにある映画「ベティ・ブルー」の浅井さんによる紹介文。「あと、主人公の男の人がノーパンだったんだよね。そのとき俺も一人暮らししてたから、これはいいかもと思っていつもノーパン。パンツ洗わなくて済むじゃん。エコだよ。そのときはブランキーだったんだけど、ライブ中もノーパンだったね」と浅井さん。さらにディープな内容へと進むわけですが、つづきは同誌を買って、読んでみてくださいね!

なお、表紙の写真では笑っていますが、撮影した笠井さんによると、浅井さんが笑って写真に写るのは、とてもめずらしいことなんだそうです。

日乗 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

「週刊文春」2009年10月1日号の連載「仏頂面日記」にて、宮崎哲弥さんに『Nの肖像』を紹介していただきました。記事のタイトルは「思考のフックに満ちみちた仲正氏の〝宗教〟体験記」というタイトルです。

日乗 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

三省堂書店のブログに書評コーナーがあるのを知りました。評するのは、「神保町の匠」と称する方々だそうです。

仲正さんの『Nの肖像』も取りあげられていました。内容は以下です。とりあえず、読んでみていただけますか、みなさん。

http://www.books-sanseido.co.jp/blog/takumi/2009/09/post-132.html

一読した感想は、表題のとおりです。とくに文章の後半は、「決めつけ」に満ちあふれています。たとえば、以下のくだり。

こう紹介すれば、かなり熱心な会員だと思うだろう。しかし、そこがおもしろいのだが、平凡な存在なのである。次第におちこぼれになり、不満も生まれる。万物復帰では人より劣る。つまり物が売れない。合同結婚式(「祝福」という)の相手も気に入らない。(こんな記述がある。「まず見かけが好みでなかった。そのせいで気分が乗らなかったということもある」)。率直な記述だが、どうも宗教的ではない。しかし、さすが東大生(特権だと私など思うのだが、著者はそれほど気づいていない)、「こんなところにいたくない」とごね、原理研から西ドイツに派遣される(新宗教でもこういう格差がでもあるのだと感心した)。

「率直な記述だが、どうも宗教的ではない」と書かれていますが、「宗教的」っていうのは何なのでしょうか。よくわかりません。「しかし、さすが東大生(特権だと私など思うのだが、著者はそれほど気づいていない)、」という記述を読むと、評者は他大学の原理研の学生を知っていて、こういう比較をしているのだろうか、という単純な疑問がわきます。また、よくまあ「著者はそれほど気づいていない」なんて断定してしまえるなあ、と思ったり。

入会動悸から脱会にいたるまで、自己救済を求めるという部分がほとんど見えないのも、本書の特色である。だから統一教会への批判もそれほど大きくない。悔恨も反省も同時にそれほど大きくない。醒めているといえばいいのだろうが、あらゆる宗教、組織、イデオロギーもほぼ似たようなものだというような一般的解釈に終始している印象がある。

この文章をひっくり返すと、評者が同書にもとづく仲正さんの宗教体験をどう考えているのかわかります。すなわち、「自己救済を求める姿勢が見られて、統一教会をしっかり批判する。また、統一教会に入ったことを悔恨し、反省する。そして、宗教、組織、イデオロギーはさまざまなのであって、似たようなものだと解釈するのはどうか」。つまり、宗教とか組織とかイデオロギーは多様なのではないかとほのめかしつつ、「統一教会に入った人なんだから、こうなんじゃないの」と決めつけているように見えます。ぜんぜん多様じゃないじゃん(笑)

新興宗教、新宗教に取り付かれてしまった人は(社会的エリートでない人、またそれを捨てようとした人)、生活ぐるみ、家族ぐるみの活動になる。だから、著者のよう比較的平穏に脱会できなくなるのではないか。さらに傷痕も大きい。脱会したオウム真理教信者の回想録をいくつか読んだことがあるが、大分ちがう。

またまた、決めつけです。宗教にハマり、評者の指摘するような状況になった(なっている)人は、確かにいると思います。でも、それがすべてではありません。いろんな人が、いろんなかたちで宗教に入り、いろんなかたちで脱会するわけで。「大分ちがう」って、それを「基準」にしてしまっていいものなのでしょうか?

もうひとつ、本書の隠れたテーマは、東京大学である。東大に入学できたことが原理へのきっかけであるし、活動中も、東大生であるがゆえの寛大な処遇、辞めるのも、それゆえにあまり問題なく脱会できる。しかも、大学に就職できる(もちろん、努力は大変なものだったろう)。著者が無意識に頻発する東大という単語。そんなことも考えさせられた。

「東大生であるがゆえの寛大な処遇」とか「あまり問題なく脱会できる」などと評しているけれど、私には本をつくっている最中を含めて、この記述を読むまで、仲正さんが東大生「だから」、寛大な処遇を受けていた、とは一切考えていませんでした。くわえて、東大生「だから」、「あまり問題なく脱会できる」なんて、どうして言い切れるのでしょうか。

「東大」についても、確かに東大という単語は頻出します。とはいえ、仲正さんは東大に入り、東大の大学院受験に失敗し、リベンジして合格し、博士後期課程まで学んだという経緯があるのですから、何度も出てくるのは当たり前のことです。なおかつ、東大という単語を「無意識に頻発する」って何なのでしょう。なんでこの評者に、仲正さんが「無意識」に記述していることがわかるのだろう。不思議です。

そんなこんなで、この書評を読んでみると、「この人は、何でも知っているのだろうか?」と思わざるをえません。そして、決めつけに満ちあふれた書評だという感想を持ちました。おそらく評者は、思ったことを素直に記述しているのでしょうけど、それをそのままアップしちゃうんじゃあ、自分のブログで書評を書いている多くのブロガーとおんなじで、ぜんぜん「匠」じゃないじゃん。

最後に。他の書評には書影があるのに、なぜ同書の書評だけ書影がついていないのでしょう、三省堂さん(笑)

追記…9月17日の15時に、書影が掲載されたことを確認しました。三省堂さん、ありがとうございます。

日乗 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

20090908024608
おわってから書くのもなんですが、昨日まで銀座の松屋で赤塚不二夫展が開催されていました。

祖父江慎さんによる会場のデザインは、意外なことがたくさんあって楽しめました。そして、本官さんに何か一言いわれたのが原因で、ウナギイヌが笑い死にしたのをはじめて知りました。

ウナギイヌといえば、グッズ売場に犬用のウナギイヌのコスプレ衣裳があって、それを実際に飼い犬に着せたら、あまりにも似合っていたので、笑い死にしそうになったという話を聞きました。

ではでは。

日乗 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

日曜日。大雨であるにもかかわらず、仲正昌樹さんのトークショーに来ていただいた方々に、深く感謝いたします。ありがとうございました!

帰宅してみると、「民主党300議席超」のテレビ報道。特定の政党が長期で政権を維持すれば、腐敗するのは必然です。よって、政権交代は歓迎しましょう。でも、今度は民主党が政権を「保守」する立場になることを忘れないほうがいいと思います。

どんな「革新」政党も、政権を奪取すれば「保守」になる。だから、手放しで政権交代を喜ぶようなことはせず、今後も引き続き「保守」となった民主党の政策を批判的に見ていくのがいい、と私は思っています。

ところで、知り合いの内澤旬子さんは、春から豚を三匹飼っていたのですが、ついにその豚を屠畜したうえで食べる日が決まったとのこと。豚を食べる会には、誰でも参加できるようです。ただし、「豚がかわいそう」だとか「いのちをいただく」などときれい事をいっていると、内澤さんにひっぱたたれるかもしれませんので、気をつけてください(笑)。以下、その詳細です。

◆ ◆
内澤旬子と三匹の豚
◆ ◆

内澤旬子が春から育てた三匹の豚は9月15日食肉になります。
フランス、韓国、タイの料理に調理され、さらに加工品、なま肉も販売するというちょっとわけはわからないが、なんとも愉快な会を開きます。
せっかくですので、お客様を150人はお呼びしたいと考えています。

9月29日(火)5時から10時まで。お好きな時間にお立ち寄り下さい。
お出でいただく場合は受付で入場料2500円お支払いいただき、好きなだけ召し上がってください。
ただし、お酒とお持ち帰り食品は別料金です。

なお、会場ではイワトひょうげん塾「映画を作ろう!」班の男子5人が、
内澤さん+三匹を撮影してきた映像を流します。
当日は式次第があるわけではありません。内澤さんは会場にいますが、トークイベントはしません。ただひたすら食べたり飲んだりワーワーする日です。
それでよろしければ是非是非ゼシゼシ。

予約お問い合わせ(予約面倒な人はしなくてもOK)
シアターイワト http://www.theatre-iwato.com/(場所は地図
見てね)
平野公子 haru@jazz.email.ne.jp 
携帯08054523165
(劇場電話には電話しないでね)

ちなみに、内澤さんのブログはこちら

日乗 | | コメント (0) | トラックバック (0)