双風亭日乗

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月 8日 (金)

斎藤環さんと茂木健一郎さんの往復書簡ですが、やりとりのルールを以下のように改定しました。

往復書簡のルールについて(改訂版)

往復書簡のルールを、以下のように改定いたします。

■テーマ … 「脳は心を記述できるのか」
■字 数 … 1回の書簡は、400字詰め原稿用紙で40枚~60枚の分量。
■回 数 … 書簡は一カ月に1通で、4カ月ほど連載。つまり3往復となります。
        ただし、すでに1往復しているので、残りは2往復です。
■期 間 … 2010年5月まで。
■掲 載 … 期間中の毎月5日、双風舎ウェブページに掲載します。

いかなる事情があっても、掲載予定日から一カ月以上、返信が遅れた場合は、遅れた側が応答を放棄したものと見なし、往復書簡は自動的に終結します。さらに、遅れた側は、返信ができなかった理由を書簡の相手と読者に説明し、その全文を双風舎ウェブページに掲載いたします。

以上

脳は心を記述できるのか | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

おはようございます。

拙ウェブページに斎藤環さんから茂木健一郎さんへの往信を掲載して、はや2年半のときが流れました。往信を掲載してから1年が経つあいだ、斎藤さんと私は、茂木さんからの復信を待ち続けていました。

しかし、その後、一部の週刊誌で「長考中」という茂木さんのコメントが取りあげられるなど、もはや復信が届くことはないと判断。往信を掲載してから2年目には、「連載 脳は心を記述できるのか」というバナーを削除してしまいました。

ところが……。1月2日の11時過ぎのことです。いつものように朝起きて、メールのチェックをしてみると、「往復書簡」というタイトルのメールが届いているではありませんか。それも、茂木さんから……。

そんなわけで、茂木さんから斎藤さんへの復信が届きました。その全文を以下に掲載いたします。とはいえ、茂木さんからの手紙をお読みいただく前に、ぜひとも斎藤さんから茂木さんへの往信をお読みください。

さて、往復書簡が一往復で終わるのか、終わらないのか?
気になるところですが、それはまた別の話。
ということで、まずは茂木さんからの復信をお届けします。

第2信 クオリア、そして偶有性(茂木健一郎)

脳は心を記述できるのか | | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

みなさんは、どんな年末年始をお過ごしですか?
私は、ずっと仕事をしております。
今日は、浅草寺でおみくじでも引こうかと思ったり。

ところで、1月5日に拙ブログにてピックサプライズがあります。
ご期待ください。

では、今年もよろしくお願いいたします!

日乗 | | コメント (0) | トラックバック (0)