双風亭日乗

« 國母さんのこと | トップページ | 往復書簡 »

2010年2月24日 (水)

國母さんのこと 2

「國母さんのこと」というエントリーに対して、多くのコメントをいただき、ありがとうございました。

私が気になるのは、國母さんのスタイルや言動が、「日本人」として「恥」なのかどうか、ということ。あと、ちょっと騒ぎすぎじゃないか、ということです。

ならば、問い返しましょう。「日本人」って、どんな人なのでしょうか?
「日本人として恥をかく」って、どういうことなのでしょうか?

手前味噌で申し訳ありませんが、12年ほど外国(カンボジア)で暮らした経験からいうと、「日本人として、現地の人にどう思われているのか」ということよりも、「人として、よそ者として、現地の人にどう思われているのか」を気にしていたように思います。

ですから、「日本人として恥」というのではなく、「人として、よそ者として、恥ずべき振る舞いをしているかどうか」を気にしていました。もちろん、日本で生まれ育ったし、あまり役には立たなかったものの、在カンボジア日本大使館には世話になりましたから、「日本人」であるという自覚はありました。

しかし、基本的には「日本人」というよりも、「ただの人」もしくは「よそ者」であることを自覚していたように思います。そして、現地の人たちも、はじめは「日本から来た人」と認知しているものの、長く暮らしているうちに「ただの人」もしくは「よそ者」と認知するようになっていったように感じます。

そもそも、日本で生まれ育った日本国籍の人が、日本で普通に暮らしていたら、自分が「日本人だ!」なんて思う機会など、そんなにないでしょう。にもかかわらず、マスコミに煽動されるとすぐに、「日本人の恥」とか「日本人なんだから……」などと、思いついたように騒ぎだす人がたくさんいる。

したがって、國母さんがどうのというよりも、そうやって騒ぐ人たちに違和感を感じたから、「國母さんのこと」というエントリーを書いただけの話です。マスコミが騒がなかったら、あんな大ごとになっていなかったかもしれない、と思うのは私だけではないと思いますし。

オリンピックのみならず、ボランティアやら仕事やらで海外へ渡航し、そこで短期や長期で暮らす人たちに、「日本人らしく」とか「日本人として恥じないように」などとお説教をするのは、よけいなお世話だと思います。

もちろん、初対面であれば海外の人たちは、「何々人」という「国籍」などで、なんとなく人物を評価したり判断することもあるでしょう。しかし、最後の最後では、その人が「どんな人なのか」という部分で、その人物を評価したり判断したりする(したほうがいい)ものだと、私は思っています。

そういう私の基準からいえば、國母さんをめぐる騒動など、ちゃんちゃらおかしく思えるわけです。とはいえ、ちゃんちゃらおかしくはないと思う人がいたって、べつにいいと思いますし。問題は、「騒ぎすぎ」だということです。

日乗 | コメント (1) | トラックバック (0) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211225/47649232

この記事へのトラックバック一覧です:
國母さんのこと 2:

コメント

 冬季五輪が閉幕してしまった今になってコメントしても遅いかもしれませんが、私なりにあれから色々と思うところがあったのでコメントさせていただきます。

 ブログ主さんは海外でのご経験から「日本人」であることよりも「よそ者」である一個人としてのふるまいが肝要だという趣旨の発言をされていると思います。と同時に、

 マスコミに煽動されるとすぐに、「「日本人の恥」とか「日本人なんだから……」などと、思いつたように騒ぎだす人

達のことを非難しています。私も、基本的にはこの考えに賛成します。海外に行けば国籍がどこかということよりも、個人個人の人間性や身の処し方が問われると思います。

 しかしながら、この一般論と今回の一件は分けて考えるべきではないでしょうか?ボランティアや仕事で海外へ渡航することと、オリンピックの日本代表として渡航することは全く違うと思います。ゆえに、私は彼が「日本人としての振る舞い」を求められてもしかたないと考えます。その理由はずばり、日本代表であるという点です。
 ここではあえて税金云々という金銭面の話は省きます。それよりも、彼が多くのハーフパイプを志す日本人の頂点であったということが重要です。彼の後ろには多く(正確な数はわかりませんが……)の日本代表になってオリンピックに出たかった人がいるわけです。いうなれば、その人達を蹴落として彼は代表のいすを勝ち得たわけです。もちろん、彼がそれを気負う必要はないかもしれません。実力で手にしたわけですから。
 だからといって、彼らを踏みにじるような行動も許されるはずはありません。代表の座からあまりに逸脱した行為は慎むべきです。大会出場を勝手に棄権したり、手を抜いてプレーすることは彼らを馬鹿にしているととられても仕方ないでしょう。
 この点から考えると、私は國母さんよりも不手際で出場すらできなかったスケルトンの小室選手の方が非難されてしかるべきなのではないかと思います。数は少ないかも知れませんが、小室選手の後ろには代表の座から滑り落ちた方もいるわけですから……。
 1つ目のコメントで申し上げたとおり、私は開会式でもない入国のタイミングで批判するのはやりすぎだと思っています。ただ、彼が日本人としてのふるまいを求められることはやむをえないと思います。彼は一般人ではなく、「日本代表」として渡航したわけですから。

 ここまで書いておいてなんですが、私も「騒ぎすぎ」という意見には賛成です……。


 ちなみに、私も未公開映画を観るTVは毎週拝見しています。『51 Birch Street』や『Dear Zachary』はアメリカにも常識を超えた家族関係があることを知り、驚きとともに勉強になりました。
 双風舎さんの出す本にも従来の常識を問うような作品を期待しています。

投稿: akebo | 2010/03/03 23:41:55

コメント書く