双風亭日乗

« 自分で火をつけ、自分で火を消すマスコミの政治報道 | トップページ | 暴力の線引き »

2010年6月 8日 (火)

またまた、いやな気分

昨晩は、自宅で日テレの「NEWS ZERO」を観ました。ゲストは、民主党幹事長の枝野幸男さん。

番組のメインは、キャスターの村井信尚さんによる枝野さんへの質問攻め。村井さんは、まるで「いじわるじいさん」でしたよ。なんて、キャスターや記者の誰もが、コピーしたように鬼の首をとったような形相で、民主党の議員を質問攻めにするのでしょうか。私の記憶では、自民党の議員に対してあんな形相で質問をしているキャスターや記者など、あまりいなかったように思います。

そりゃあ、いろいろあったから、首相と幹事長を入れ替えたのですし、いまだに政策の問題が山積みであることは確かです。でも、政権交代してから一年も経っていないんですから、怒った顔して「あら探し」ばかりしてても、いいことなんてないでしょう。視聴者だって、「あら探し」ネタばかり聞きたいわけではないでしょう。

考えてみれば、沖縄のことだって、テレビも新聞も民主党の「あら探し」ばかりして、提言や提案などほとんどしていません。視聴者が求めているのは、「あら探し」ばかりではなくて、「ウルトラCになるけれど、こんな選択肢があるんだぞ」って、テレビや新聞が指し示してくれることなのではありませんか。

いまは、うしろ向きな「あら探し」が必要だとは思えません。それよりも、まえ向きな提案や提言を枝野さんにぶつけ、いまよりマシな日本にしていきましょうと問いかけることが必要なのでは。

拙ブログでは何度も書いていますが、文句をいったり批判をするのは簡単なことです。しかし、とくにマスコミの人が誰かに対して文句や批判をいう場合には、代案や対案を準備してのぞむのは「基本のき」でしょう。代案や対案なしに、ギャーギャー騒いでいるのでは、井戸端会議と変わりなし。

じゃあ、井戸端会議みたいなニュースなんて見なきゃいいじゃん、って話しなんですが(笑) 一応、公共の電波を使って報じるニュースなのですから、もうすこしクオリティが高いものを観たい、という一視聴者の意見はいっておきたいものです。

あくまでも、なんとなくの話ですが、テレビに出ている人たちの多くが、いらついているように見えなくもない。なんでいらついているのか知りませんが。しかし、お金をもらって出演するプロなんですから、そこんところはうまくやってもらえたらいいですね。

日乗 | コメント (0) | トラックバック (0) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
またまた、いやな気分:

コメント