双風亭日乗

« おもしろすぎる! | トップページ | テレビの堕落 »

2010年6月18日 (金)

野球賭博はおもしろい、らしい

「週刊新潮」に琴光喜の野球賭博に関する記事が掲載されて以来、角界には激震が走っていますね。まあ、琴光喜など名前があがっている力士や親方は、文字どおり「氷山の一角」なんだと思います。

取材をしたわけではありませんが、歴代の親方をはじめ、日本相撲協会に関わる多くの人が、野球賭博をやっていたのかもしれませんね。だから、警察が過去をさかのぼったり、深く掘り下げて捜査をすると、とんでもないことがわかってしまう可能性がある。

同協会の理事たちの対処が終始および腰である理由は、そのへんにあるような気がします。また、暴力団との関与ばかりが騒がれていますが、以下で記すように、賭博の胴元になる人はヤクザでないことが多い。

つまり、野球賭博におけるお金の流れは、客と胴元がやりとりをするなかで、ヤクザは胴元からみかじめ料をとるという感じなんだと思います。だって、胴元がヤクザだったら、客がビビってしまい商売になりませんからね。

ところで、ばれたらヤバい野球賭博を、なぜ有名力士らがしてしまうのか。以下は野球賭博の話ですが、あくまでも人から聞いた話です。信憑性のほどは、ご自身で判断してください。

とにかく、おもしろいんだそうです。野球賭博って。たしかに、話を聞いているだけでも、おもしろそうでした。

まず、胴元はプロ野球の対戦カードごとに帳場を開く。対戦チームにあきらかな強弱がある場合は、胴元がハンデをつける。このハンデが、また的確なんだそうです。で、ハンデをふくめたうえで、客はどのチームが勝つのかを予想して、カネを賭ける。

あとは、試合結果を待つだけ。ラジオで実況を聞くもよし。テレビで観戦するもよし。なによりも盛りあがるのが、球場での観戦なんだそうです。そりゃそうですよ。10万単位とか百万単位で賭けていたら、試合の観戦にも熱が入ります(笑)

そして、賭けたチームが勝てば、賭けた金額の倍から胴元の寺銭(賭け金の1割くらいでしょうか)が引かれた額が入ってくる。1試合だけ賭けていても盛りあがる。ところが、1日で最大、6試合も賭けることができる。だから、勝ち負けの楽しみも広がる一方です。

日本で法的に認められている賭博は、一応、公営ギャンブルのみとなっています。その他の賭博については、刑法の「賭博及び富くじに関する罪」という条項によって禁止されています。

にもかかわらず、野球賭博なんていうものは、かなり前からあったし、その違法性もあまり表沙汰にならなかった。その理由がなんなのか、私には定かなことはわかりません。しかし、すくなくとも胴元と警察、もしくは胴元からみかじめ料をとるヤクザと警察がなんらかのかたちでつながっており、共存している。だからこそ、違法であっても見逃されていた、という「構造」があるのかもしれません。

同協会は「野球賭博は違法だけど、みんなやっているし、ずっとやってきたし、ばれなきゃいいや」と考え、警察は「大ごとにならなければ、見逃してもいっか」と考えてきたふしがある。ところが、「週刊新潮」のスクープによって大ごとになってしまった。その対処に大わらわ、というのが現状であるような気がします。

日乗 | コメント (0) | トラックバック (0) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
野球賭博はおもしろい、らしい:

コメント