双風亭日乗

« 新刊のご案内(『旅するバーテンダー』) | トップページ | 『旅するバーテンダー』製作秘話 その2 »

2014年5月 4日 (日)

『旅するバーテンダー』製作秘話 その1

5月7日に『旅するバーテンダー』が配本となります。著者は、東京台東区花川戸という隅田川沿いの町でバーを経営する中森保貴さん。まずは、ご本人の写真をご覧ください。

B

さて、読者のなかには、「社会派(笑)の本を多く出している弊社が、なぜバーテンダーの本を?」と思われた方がいるかもしれません。その答えも含めて、以下では中森さんについて書いてみようと思います。

いろいろわけがあって、私は2008年に台東区谷中から浅草に引っ越しました。わけというのは離婚なのですが、一人暮らしをしたのは18歳から21歳の3年間のみ。ですから、なんと23年ぶりに一人で暮らすことになりました。

引っ越したての時期は、さびしさをまぎらすために、浅草のお店を一通りまわりました。バーも、いろんなところにいきました。まず、もっとも自宅から近かったFOSというバーに通います。そこで「いいバー、ありませんかね?」とオーナーの森さんにたずね、紹介してもらったのが中森さんのバーでした。

〈つづく〉


『旅するバーテンダー 〜浅草発。究極の一杯に向けてヨーロッパを駆ける』
中森保貴 著
本体 1800円

会社のこと | コメント (0) | トラックバック (0) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211225/59578674

この記事へのトラックバック一覧です:
『旅するバーテンダー』製作秘話 その1:

コメント

コメント書く