双風亭日乗

« 『旅するバーテンダー』製作秘話 その1 | トップページ | 『旅するバーテンダー』製作秘話 その3 »

2014年5月 4日 (日)

『旅するバーテンダー』製作秘話 その2

店の名は「DORAS」(ドラス)。スコットランドの言葉で「扉」を意味するそうです。

店のたたずまいは、けっして一見では入れるようなものではありません。重厚というか、隠れ家的というか……。しかし、紹介してもらった勢いで、思い切って入りました。たしか、深夜の1時か2時だったと思います。

店の内部はとても暗く、光っているのは最低限の光量にした照明とろうそくの明かりのみ。BGMはオペラ。カウンターの中にいるバーテンダーの中森さんは、ほとんど言葉を発しません。正直、最初は「まちがった場所に来てしまったのかも……」と思いました。

とはいえ、他のお客さんがいなくなると、少しずつ会話が弾むようになり、打ち解けていきました。

中森さんは、私よりも10歳ほど年下であること(私は最近、50歳になりました)。
浅草で生まれ育ったこと。
ガレージを改装して、現在のお店になったこと。
大学を出てから酒屋さんで働き、その後、いくつかの店でバーテンダーの修行をしたこと。
などなど。

驚いたことに、当時の中森さんは、バーテンダーをやりながら、プロのシュートボクサーとしてリングに立っていました。また、店の定休には、いまでもサーフボードを車に積んで海に出かけています。

店のカウンターの中にいる中森さんは、生真面目で冷徹な人だという第一印象を持ちました。しかし、その素顔はひょうきんなところもあり、店の客としての私は、彼に対して好印象を持ちました。

出逢ったその日に、「おもしろい人だなあ」と私は思いました。

〈つづく〉


『旅するバーテンダー 〜浅草発。究極の一杯に向けてヨーロッパを駆ける』
中森保貴 著
本体 1800円

| コメント (0) | トラックバック (0) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211225/59583360

この記事へのトラックバック一覧です:
『旅するバーテンダー』製作秘話 その2:

コメント

コメント書く