双風亭日乗

2009年4月21日 (火)

Buta
今回は、「子猫」の話じゃなくて、「子豚」の話ですよ(笑)。一昨日、前田哲監督「ブタがいた教室」(2008年)をDVDで観ました。以下、感想です。

第一に、一般向けの映画として公開するのは、これが限度なのかもしれないなあ、と思いました。第二に、子どもたちが「育てた豚の世話を下級生に任せる」か「食肉センターに引き取ってもらうか」という二択について議論します。この問題は、たとえおとなが一緒に議論したとしても収拾がつきにくいものであり、この映画でもっとも注目すべきシーンだと思いました。

第三に、教師は「育て、殺し、食べる」という前提で子豚を教室に持ってきたのに、その生死に関する判断を生徒に丸投げしてしまうのはどうか、と思いました。元ネタは実話なので、実際に教師がそういう振る舞い方をしたのかもしれませんが。

教師が教室に持ってきた時点で、子豚には殺されて食べられるということが決まっている、ということがもっとも重要な点でしょう。そうなると、なぜうちの子猫は殺され食べられないのに、子豚は殺され食べられるのか、すなわち殺される動物と殺されない動物がいるのか、ということを生徒が議論するのならわかるんですよ。

ところが、映画ではそういう話になっていません。食肉センターに引き取ってもらう生徒の声は、一生懸命、育てた豚が殺されるのはかわいそうだから、食肉センターに引き取ってもらうのは反対とか、普通の豚は殺され食べられるけど、私たちの豚はその豚とは違うから殺せない、とか……。

続きを読む

「子猫殺し」再考 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

Shukanbunshun090409_2
エッセイストの酒井順子さんが、「週刊文春」2009年04月9日号の「私の読書日記」で、弊社刊『「子猫殺し」を語る』について言及していることを知りました。拙ブログにコメントしていただいた方、そして2ちゃんねるのみなさん、ご教示いただきありがとうございました!

坂東さんの本を出したのは、まさに酒井さんが書かれていますが、「自然の中で、人間がいかに不自然かつ傲慢な存在であるか、考えるきっかけに」なればと思ってのこと。「子猫殺し」と「避妊・去勢」のどっちがいいかという議論に固執したり、坂東さんが不快だから叩くような振る舞いは、まったく的はずれなわけです。何度もいっているとおり。

というわけで、酒井さんが「私の読書日記」で『「子猫殺し」を語る』について言及した部分を、同誌同号より引用します。

×月×日

 身体の所有と、生命の所有。『「子猫殺し」を語る』(坂東眞砂子 双風舎 1700円+税)を読みながら、再びそれらの感覚が揺らぐような気持ちになってくる。
 二〇〇六年、日経新聞に「子猫殺し」と題された坂東さんのエッセイが載った時、坂東さんは特にネット上において、ずいぶん叩かれた。生まれたばかりの子猫を殺した(実際には「捨てた」のだが)と告白する坂東さんは、どれほどバッシングしても構わない相手として、世間から認識されたのである。
 「子猫殺し」は、日経新聞夕刊に坂東さんが二十四回書かれたエッセイのうちの、一本である。本書には生をテーマとして書かれたその二十四回分が全て掲載されており、まずはその全てを読むことによって、坂東さんがいかに生および死を真摯に考えているかが、理解できる。それは、タヒチという地に移り住み、人間が生きていくことの根源を見つめなおしたからこそ生まれた、価値観であろう。
 ここで坂東さんは、人間にとっての生と幸福ばかりでなく、獣にとっての生と幸福を考える。「獣の雌にとっての『生』とは、盛りのついた時にセックスして、子供を産むことではないか」と。そして坂東さんは、飼い猫に避妊手術をしないという選択をするのである。
 子種を殺すか、住まれてすぐの子猫を殺すか、そのどちらが正しいのか、正直に言って私にはわからない。が、私はそれまで、猫にとっての「生」とは何かという問題を、真剣に考えたことはなかった。猫は人間に所有されていて、だからこそ人間が猫に避妊手術をするのは当然のことだ、と思っていたのである。
 いかなる生物も、他の生物に所有などされたくはなかろう。猫は、毛がはえていて愛らしいが故に人間に所有され、避妊手術をされる。対して、ゴキブリやゲジゲジのように可愛くない生物や、蚊や蝿のように小さな生物は、誰がどう殺しても問題にはならないのである。
 害獣、益獣、ペットなどという分類は、人間の都合から来るものである。自然の中で、人間がいかに不自然かつ傲慢な存在であるか、考えるきっかけになるこの本。その不自然さと傲慢さを自覚するだけの謙虚さは、持っているべきだろう。
 そして人間の死に関しても、「おくりびと」に任せてしまえば安心、というこの世。生きることと死ぬことから、いかに私達が目を逸らせようとしているかも、思い知らされる。

(「週刊文春」2009年4月9日号、126-127ページ)

「子猫殺し」再考 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月31日 (火)

918444_friends
『「子猫殺し」を語る』の配本と同時に、ヤマトのメール便できっこさんに同書を献本しました。本人の住所は不明なので、『きっこの日記』の版元である白夜書房気付けで。2月26日のことです。

同便は、通常だと翌々日、遅くても出荷から4日後に配達されます。つまり、速ければ2月27日、遅くても3月2日には、白夜書房に届いているはずです。しかし、白夜書房気付けできっこさんに送った同書は、なぜか昨日、返品されてきました。

返品理由は「該当者無しとの事」、返品の日付は3月27日。未開封です。では、遅くても3月2日に届いていたはずの同書が、約1カ月後に返品されたことの意味を考えてみましょう。

第一に、白夜書房に届いた同書は、1カ月ほど寝かされたのち、きっこさんに連絡もしくは転送されることなく、同社の判断で返品された。第二に、1カ月のあいだに同社はきっこさんに連絡もしくは転送したが、きっこさんから受けとり拒否の意思表示があり、同社が弊社に返品した。

第一のケースであれば、白夜書房の対応はマズいような気がします。出版社気付けで著者宛に来た郵便物を著者に転送するのは、出版社の役目のひとつだと思うからです。すくなくとも、弊社に来た著者宛の郵便物は、著者に転送しています。

第二のケースであれば、きっこさんの対応には疑問を抱かざるをえません。もちろん、送られた本を受けとるかどうかは、基本的に受取人の自由でしょう。とはいえ、きっこさんは坂東さんに対し、さんざんひどい言葉を投げかけ、それをいまでもネット上に放置しているわけです。

続きを読む

「子猫殺し」再考 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

以下、「ミクシーの『坂東眞砂子不買運動』というコミュニティについて」というエントリーに対していただいた臥猫亭さんのコメントに応答します。

谷川さまが出版にたずさわる方である以上、「表現の自由」については、もっと真剣に考えておられるものかと思っておりました。

「表現の自由」は、出版にたずさわっていても、たずさわっていなくても、誰もが真剣に考えるべき問題だと思います。ですから、「出版にたずさわる方である以上」というかたちで、「表現の自由」を真剣に考えていないのではないか、というレトリックを使うことは、事の本質とはまったく関係ないと思います。
それなのに、軽いノリでコミュの閉鎖を要望するという行動に出られたことが驚きです。

どんな不快な表現であれ、とりあえずその存在は保証する。

これが「表現の自由」を支える理念ではないのでしょうか。
坂東さんも、その自由があればこそ、大多数の人にとって不快であろう表現をあえてエッセイに書かれ、それが日経新聞に掲載され、今でも読めるわけですよね?

それは本末転倒な考え方だと思います。その理由を簡単に整理すると、第一に坂東さんの日経新聞に書いた「子猫殺し」というエッセイは、誹謗中傷されたり罵詈雑言を書かれるようなものではない。

第二に、にもかかわらず、おもにネット上では坂東さんに対する誹謗中傷や罵詈雑言が飛び交って、その痕跡がいまでも残っている。

第三に、いまも坂東さんを誹謗中傷したくなる気分が、痕跡を残した人たちにあるのなら、しっかりとその気分を維持したうえで、坂東さんの問いかけにもしっかりと応答してほしい。しかし、けっしてそうはなっていない。

第四に、痕跡が痕跡のまま放置されており、その痕跡を見たり読んだりして迷惑な人がいる。さらに、この痕跡は、そもそも誹謗中傷されたり罵詈雑言を書かれるような筋合いのないエッセイが起点になっている。よって、痕跡によって迷惑な人がいる以上、放置しておくつもりなのであれば、その痕跡を除去してほしい。

第五に、これはあくまでも痕跡を除去してほしい側の話なので、除去の可能性については、こちらがどんな迷惑をうけているのかを明確にしたうえでミクシーに検討していただく。この場合、ミクシーが放置を妥当と判断すれば、それはそれで仕方のないことである。ようするに、コミュの管理人が私からの連絡を「ネタ」として使うとおっしゃってますように、私も「ネタ」としてミクシーと連絡をとる、という程度の問題です。

上記コミュの閉鎖をミクシーにお願いするかもしれないという話は、こういう流れで進んでいます。最大のポイントは、第一の理由です。この第一の理由が妥当かどうか、多くの人に考えていただくために、『「子猫殺し」を語る』という本を刊行しました。

続きを読む

「子猫殺し」再考 | | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

51e6kl5vtvl_aa240__2
「ミクシーの『坂東眞砂子不買運動』というコミュニティについて」というエントリーに対し、赤木智弘さんからコメントをいただきました。今回は、このコメントに応答してみようと思います。

まず、赤木さんのコメントを紹介します。

面白いことをしますねー。
まぁ、このコミュがまともに機能していなかったことは、
今回の本の発売すら把握していないことから、あきらかですね。
多分、谷川さんからメールが行って、始めて気付いたのでしょう。
今回のメールでこのコミュの活動が活発になればそれはそれで「批判の場」になる可能性はあるし、谷川さんからのメールを「理不尽」や「ネタ」としてしか扱わないのであれば、またすぐにでも「休眠状態」に移るのでしょうね。そうなれば空しいけれども「谷川さんの勝ち」ということになってしまう。

件のコミュの人たちには、「他人を批判する」ということには、それ相応の説明責任が要求されるということを知って欲しいと思います。
健全な批判が集まるといいですね。

投稿: 赤木智弘 | 2009/03/24 5:26:45

赤木さん、新刊『「当たり前」をひっぱたく』(河出書房新社)の刊行、おめでとうございます。私は、赤木さんの発する「時代の声」がとても重要なものだと思っています。いまは、いろいろと批判や反発があるかもしれませんが、50年とか100年も経てば、その声は貴重な資料として世の役に立つと信じています。

もちろん、いま売れないと生活できないのでしょうから、そんな悠長なことをいってはいられませんが(笑)。

さて、拙ブログへのコメントをありがとうございました。おそらく、赤木さんの言説に対する批判や反発は、「論座」においてサヨクのみなさんがおこなったように、また「子猫殺し」に批判・反発した人たちのように、その根っ子には文章を読んで抱いた読者の「不快」さがあるんだと思います。

ようするに、批判する側からいうと、「理屈じゃないんだよ」っていう話なんですよね。たしかに、私自身にも理屈を抜きにして「不快」になる言説や出来事はけっこうある。でも、そういうふうに感じたときこそ、自分の発言や意見には気をつけなければいけない、と考えています。

続きを読む

「子猫殺し」再考 | | コメント (16) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

20090319132411
SNSのミクシーに「坂東眞砂子不買運動」というコミュニティがあります。2年半前の「子猫殺し」騒動のとき、坂東さんに批判的な方々がつくったものと思われます。

私としては、おもに以下のふたつの理由で、そろそろ閉鎖してもいいのではありませんかと、管理人の方にお願いしてみました。

第一は、「不買運動」と題するコミュニティの存在が、職業作家の坂東さんに対する営業妨害になると思われること。第二は、ミクシーのコミュニティというのは、ひとつのテーマやネタについて、関心のある人たちが議論をする場所だと思うが、議論をしているのは騒動が加熱していた時期に限られていること。

以下、同コミュニティの管理人さんに同意していただいたうえで、そのやりとりを転載します。けっきょく、お願いは聞き入れていただけませんでした。本件について、読者のみなさんはどのようにお考えになりますか。みなさんのご意見を聞かせてください!

続きを読む

「子猫殺し」再考 | | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年3月18日 (水)

昨日、「週刊現代」の「リレー読書日記」に『「子猫殺し」を語る』が紹介されたことをお知らせしました。以下、内澤さんの許可を得たうえで、同日記のなかの『「子猫殺し」を語る』に関する記述を転載いたします。

「子猫殺し」が提起した問題の根本にある「人間のエゴ」や身勝手を考え直させる本の深み

忘れられない事件がある。今から三年前、ちょうど拙著『世界屠畜紀行』の原稿をまとめていた時のこと。作家の坂東眞砂子が生まれたばかりの子猫を殺していると、日本経済新聞のコラムに書いて大騒動となった。ネットにも雑誌にも嫌悪感だけを募らせた批判が相次ぎ、まるで魔女狩りか、集団ヒステリーのような状態になった。

供給過剰とならざるをえなかった愛玩動物を殺処分することは、日本全国津々浦々の地方自治体で行われていることだが、多くの人はその現実を直視することを嫌う。愛玩動物と食肉動物の差こそあれ、屠畜場で行われていることも基本的には動物を殺すことに変わりはないので、自分が本を出しても誰も読みたがらないのでは、と怯えた。

『「子猫殺し」を語る 生き物の生と死を 幻想から現実へ』(坂東眞砂子著・双風舎、1785円)は、坂東眞砂子が当時日本経済新聞に掲載していたエッセイの初回から最終回までの24本と、東琢磨、小林照幸、佐藤優の三人と騒動について話した対談を収録したもの。三人との対話の最後にかならず筆者は問う。「人間が獣の幸せを確定することができるのか、人が他者を殺すことの意味はなにか」と。

著者がエッセイで問いたかったことはまさにこれに尽きる。獣の幸せとは何かなんてだれも決められる訳がない。それを承知の上で、著者はあえて生殖行為を獣から取り上げないことを選んだ。その結果、生まれた子猫を自らの手で始末せざるをえなかった。多くの人が採用する選択肢ではないだろう。私も同じ立場であったら去勢もしくは避妊を選択すると思う。しかしだからといって著者の選択を安易に非難できるだろうか。

愛玩と使役は同義

結局のところ動物を愛玩することも、動物を使役することのバリエーションのひとつにすぎない。現代の人間は、望む望まないに関係なく、意識するしないにも関係なく、ほとんどの動物の生殺を管理する責任を担わされている。保護するにせよ食べるにせよ、無駄に殺すにせよ増やすにせよ、愛玩するにせよ。

その現実を直視した上での議論や騒ぎであったらどんなに興味深かったことだろう。

当時ネット上にヒステリックな書き込みをした人たちは、今やもう書き込んだことすら覚えていないのではないか。

(「週刊現代」2009年3月28日号、126ページ)

「子猫殺し」再考 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

1043098_cat_on_steps
「レンタル猫 2」でいただいたコメントに答えます。まずは、ほりーさんのコメントについて。

本当に飼いたい人が、ブリーダーさんと信頼関係のもと譲り受けるように出来ないものでしょうか。どうすれば規制させられるのでしょう?法律の知識が無いので教えてもらいたいです。規制だけで不幸な猫が無くなりはしないでしょうが、まず、ここから減らさない事には、保護して避妊手術をしていても、いたちごっこです。

人と人とが、信頼関係のもとで、猫をゆずり、ゆずり受けられるような仕組みができれば、それが一番いいことだと思います。さらに、猫をゆずり受けるときに、自分がほんとうに死ぬまで猫を飼えるのかどうか、十分に検討する姿勢が必要だと思います。自分が何匹までなら猫を飼えるのか、ということを含めて。

法で規制するのであっても、あまい規制であれば、猫の市場での流通は止まらないと思います。そうなると、猫の売買を「禁止」するしかない。しかし、法で規制されなければ、まともな猫のやりとりができないというのは情けないし、法で規制しても、抜け道はいくらでもあるような気がします。考えてみてください。日本は、検察が独自に「国策捜査」をしてしまう国なんですから(笑)。

続きを読む

「子猫殺し」再考 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

1126072_cat
昨晩、いきつけのバーでバーテンさんと話していたら、レンタル猫の話題になりました。
「茅ヶ崎のほうで、猫のレンタルをやる猫カフェがあって、愛猫家が猛反発しているらしいよ」と私が問いかけると……。

「私は犬猫を買ってないから、あまり無責任なことをいえないけど……。貸し出す条件がしっかりしていれば、別にいいんじゃないの。犬なんかだと、すでにレンタルやってるでしょう」

「へぇ、そうなんだ」

「身よりのないお年寄りとか、しつけの仕方がわからない人なんかには、レンタルっていうのは便利でいいんじゃない。レンタルとはちょっと違うかもしれないけど、アニマルセラピーとして派遣されている犬猫もいて、医療面でも役に立っているらしいよ」

「しつけの仕方がわからない人は、猫を飼っちゃいけませんよ(笑)」

「セラピーのほうで使われているのは、保健所で殺処分される予定の犬猫が多いんだって。動物愛護のNPOとかがやっているって、テレビで見たような気がする」

「たしかに、殺処分されそうな犬猫をセラピーに使うのは、いいかもしれないね。でもさあ、考えてみれば、犬猫が商品になっているから、平気で捨てる奴がいるわけでしょ。捨てる奴がいなければ、殺処分される犬猫もすくなくなる」

「それはそうだ」

「問題は、殺処分される犬猫を減らすことなんだから、やっぱり犬猫の商品化に歯止めをかけることが重要なんじゃないかな。殺処分されそうな犬猫を医療目的で有効利用するというのは、本末転倒のような気がする」

「でもね、現状では何十万匹もの犬猫が捨てられ、殺処分されているわけでしょう。それに、資本主義社会なんだから、犬猫を商品にする人がいても、それを買う人がいても、文句はいえないと思うよ」

「そうなると、犬猫が商品として売られるのも買われるのも黙認しつつ、真の犬好きや猫好きが、犬猫を商品として買わないようにする。または、犬猫の商品化について、反対の姿勢をアピールするしかないってことなのかな。あとは、お金を介在させないかたちで、犬猫をあげたりもらったりするネットワークを、しっかり築けばいいのかもね」

「それでも、そのネットワークのことを知らない人は、犬猫をペットショップで買っちゃうと思うよ」

「だよね……。ところで、猫カフェについて、どう思う?」

「猫を限られたスペースのなかに閉じこめるタイプのカフェは、よくないでしょう。場所はせまいわ、不特定多数の客が来くるわで、猫のストレスもたまるでしょうし」

「俺は、いったことないからわからないんだけどね」

「台東区・谷中にある『ねんねこ家』っていう猫カフェは、いい感じだよ。一軒家の1階が猫グッズ売場と猫カフェになっているんだけど、そこの猫は自由に動きまわれる。人と遊びたければ1階にいて、人と戯れるのに飽きれば外に出ていったり2階に登ったり」

「電信柱に『ねこ注意』って紙が貼ってあるとこだよね」

「そうそう」

「通りかかったことはあるけど、中に入ったことはなかった」

「今度いってみてよ」

「子猫殺し」再考 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

1040082_gato_
神奈川県茅ヶ崎市の猫カフェ「ねこのすみか」が猫のレンタルを開始するということに対して、愛猫家からの批判が噴出しているとのこと。

批判する人のなかには、「猫をモノのように貸し借りするのはとんでもない」という意見があるようです。しかし、ペットショップで猫を買っている人だって、猫をモノのように購入しているというわけで。

つまり、猫のレンタルも猫の購入も、「猫が商品化されている」という点ではまったく同根の問題です。だから、猫をペットショップで買った人がレンタル猫業者を批判するのであれば、まず自分が猫を商品として買ったことについて、考えたほうがいいような気がします。

私見では、レンタルにしろ、売買にしろ、猫は商品として市場に流通させないほうがいいと思います。基本的には、猫好きのネットワークのなかで、お金を介在させない状態で猫をやりとりすべきではありませんか。

「商品=モノ」として扱われているうちは、猫好きではなく、お金を増やすことを目的する人たちが、猫の「消費者」に向けた商品を「生産」しつづけるでしょう。あまった「商品」としての猫や「不良品」としての猫は、殺されつづけることでしょう。

さらに、「消費者」として猫を買った人のなかには、自分が買ったのは「商品=モノ」としての猫なのだから、飽きたり、いらなくなったら捨てればいいと考える人がいてもおかしくはありません。捨てられた猫の多くは、動物愛護センターで殺処分されます。

繰り返しますが、レンタル猫の問題は、猫をレンタルすることに問題があるのではなく、猫を商品化していることに問題があるということを確認しておきます。

すでに猫を買ってしまった人を、現時点でどうこういうつもりはありませんが、そういう人にもせめて猫を商品として購入したという自覚は持ってもらいたいし、次に飼うときには猫好きネットワークからもらったほうがいいかも、などと考えていただければいいんですけどね。

「子猫殺し」再考 | | コメント (1) | トラックバック (0)