書籍一覧

« 帝国を考える | 書籍一覧トップ | 日常・共同体・アイロニー »

レクイエム

吉野斉

Yoshino

レクイエム ~激しく痛みながら、いまも生き続ける記憶に捧ぐ~

吉野 斉


解離性同一性障害という病気を知っていますか? すこし前までは、多重人格障害と呼ばれた病気。
家庭崩壊、受験戦争、アルコール依存、そしてセックス依存。 私は壊れた……。
最愛の彼との出会い、菜の花畑、そしてロックンロール。 私は再生した……。
この本は、再生した私から壊れた私に捧ぐ鎮魂歌(レクイエム)。 いまも病と共に生きる女性による赤裸々な手記
私はなぜ多重人格障害になったのか?

■目次■
プロローグ
1.雪の記憶
2.空を飛べ
3.条件付きの愛情
4.壊れていく家
5.生まれて初めての自由
6.桜の咲く頃
7.閉鎖病棟
8.墜ちていく私
9.三月二五日
10.中絶
11.監獄病院
12.もがきながら……
13.潮騒
14.菜の花夢想
15.再生
16.解離性同一性障害
17.私の中の「別人」
エピローグ

【書籍情報】

46判、並製、208頁
定価1680円(税5%)
2004年7月25日発行


【著者略歴】
吉野斉(ヨシノ・イツキ)
女性フリーライター。早稲田大学第一文学部卒。10代から重度鬱状態で精神病院への入退院をくりかえす。その後、アルコール依存、薬物依存、性依存症、摂食障害、自殺企図などを併発する。2001年に解離性同一性障害(旧称:多重人格障害)と診断される。現在は病気の治療を続けながら、記事を雑誌等に執筆。ミュージシャンとしても活動し、2003年7月には、初のソロアルバム『BELL HOUR』がリリースされた。

吉野斉 |