書籍一覧

書籍一覧トップ | 台湾新潮流 »

挑発する知

姜尚中, 宮台真司

挑発する知挑発する知 ~国家、思想、そして知識を考える~

姜尚中・宮台真司


戦争とは何か? 暴力とは何か?
思想とは何か? 知識人とは何か?

漂流する社会に生きる私たちは、いま何を考えるべきか?
いま注目される二人の論客が現代社会の諸問題にメスを入れる。


姜が宮台を挑発し、宮台が姜を挑発する。
そして二人が日本の知識人を挑発し、読者を挑発する!


都内三カ所の書店でおこなわれたトーク・セッションの記録。
これほどスリリングな対談が、いままであっただろうか?


→この書籍を amazon で購入する

■目 次■


Ⅰ 戦争と暴力
   九・一一からイラク戦争まで/自由を監視する社会/
   アメリカ社会に内在する全体主義/
   他者性がもたらす不安とどう向き合うのか/国民国家とは


Ⅱ 非暴力の社会はありえるのか
   脆弱な国家のネットワークをどうつくるか/分断国家という悲劇/
   リアリズムなき外交/「イラク戦争」を支持した日本の正当性/
   日本は国益を考えているのか?/
   親米愛国の矛盾/非暴力の社会はありえるのか?


Ⅲ 右翼と左翼
   右翼と左翼の現状/思想の一貫性/二項対立という図式の終焉/
   一九七九年に左翼は終わった?/ナショナリズムと国益


Ⅳ 国家を考える
   身捨つるほどの祖国はありや 国家をハンドリングするということ/
   啓蒙主義の化け物としてのアメリカ/ネオコンの「思想」/
   ナショナリストの本義/ロマン主義とは


Ⅴ 丸山眞男からアジア主義へ
   一国独立して一心独立する?/ナショナリズムの病/
   丸山眞男とアジア主義/多国間主義の必要性/マルチレイヤーな社会


Ⅵ メディアと正義
   北朝鮮報道とメディア/姜さんや宮台さんは複雑なことをいっている?/
   禁断のふたをあけた九・一一/青臭い正義は必要ないのか/
   「人食い」と付き合う方法/


Ⅶ 知識人を考える
   知識人とは何か/情報を発することの責任/ニュートラルはありえない/
   利害集団としての記者クラブ/国を愛するということの意味/
   この社会で生きていきたい/お祭り大国・日本


【書籍情報】

46判 並製、248頁
定価1890円(税5%)
2003年11月15日発行


【著者略歴】

姜 尚 中(カン・サンジュン)
1950年生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。ドイツ留学の後、明治学院大学、国際基督教 大学を経て、東京大学大学院情報学環教授。専攻は政治学、政治思想史。著書に『マックス・ウェーバーと近代』(岩波現代文庫)『反ナショナリズム』(教育史料出版会)、『日朝関係 の克服』(集英社新書)、『アジアの孤児でいいのか』(ウェィツ)、『在日からの手紙』(太田出版)など。

宮台真司(ミヤダイ・シンジ)
1959年仙台市生まれ。東京大学助手、東京外国語大学講師を経て、首都大学東京・都市教養学部准教授。社会学博士。専攻は社会学、社会システム理論。著書に『権力の予期理論』(勁草書房)、『援交から天皇へ』(朝日文庫)、『挑発する知』(姜尚中氏との共著)、『日常・共同体・アイロニー』(仲正昌樹氏との共著、ともに弊社刊)など。

姜尚中, 宮台真司 |