書籍一覧

« いじめと現代社会 | 書籍一覧トップ | 若者を見殺しにする国 »

思想の死相

仲正昌樹

思想の死相思想の死相
知の巨人は死をどう見つめていたのか
仲正昌樹 著

「生き生き」とした言葉があふれかえる現代日本。人びとはなぜ、紋切り型の言葉を求めるのか。マスメディアや知識人はなぜ、「生きた言葉」を発するのか。そして、その歴史はどう語り継がれてきたのか。「生き生き」とした言葉の裏側を覗いてみると、そこには死に絶えつつある思想の死相があらわれているのではないか。

本書は、「生き生き」とした言説を徹底批判した『デリダの遺言』の続編である。アドルノ、ベンヤミン、アーレント、デリダ、ハイデガー、フーコー、マルクス、ニーチェ、ラカン、スローターダイク。10人の知の巨人が登場する。

彼らは、「生き生き」とした言葉に対して、どのような警鐘を鳴らしてきたのか。「生き生き」とした思想の中から、どのように思想の死相を読み取り、語ってきたのか。思想が死相にひんする現代日本の状況に、彼らの「死の思想」は何を語りかけるのか。日本の思想は、死相から甦ることができるのか。

現代思想研究の最先端を走る仲正昌樹が、10人の知の巨人の思想をコンパクトに解説しつつ、彼らのテクストにひそむ「死の思想」を探る。

→この書籍を amazon で購入する

■目 次■
はじめに
Ⅰ 「大きな正義」の落とし穴――アドルノの思想を読む
Ⅱ 「進歩」は「回帰」であることへの「目覚め」――ベンヤミンの思想を読む
Ⅲ 「人間」の限界――アーレントの思想を読む
Ⅳ 「死」のエクリチュール――デリダの思想を読む
Ⅴ 「人間の終焉」とは何か?――フーコーの思想を読む
Ⅵ バカボンのパパは超人なのか――ニーチェの思想を読む
Ⅶ 亡霊としての「資本」――マルクスの思想を読む
Ⅷ 利用される哲学――ハイデガーの思想を読む
Ⅸ 底なし理論としての精神分析――ラカンの思想を読む
Ⅹ 理性の暴走に歯止めをかける――スローターダイクの思想を読む
衰退しつつある現代思想を再生するために――あとがきに代えて――

【書籍情報】
46版、並製、272ページ
2007年7月30日発売
定価1890円(税5%)
ISBN978-4-902465-11-2

【著者略歴】
仲正昌樹 (ナカマサ・マサキ)
1963年広島生まれ。東京大学総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。現在、金沢大学法学部教授。専攻は、政治思想史、比較文学。『ポスト・モダンの左旋回』(世界書院)、『歴史と正義』(御茶の水書房)、『「不自由」論』(ちくま新書)、『なぜ「話」は通じないのか』(晶文社)、『デリダの遺言』(双風舎)、『集中講義! 日本の現代思想』(NHKブックス)など多数。

仲正昌樹 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211225/15949242

この記事へのトラックバック一覧です:
思想の死相:

コメント

コメント書く