書籍一覧

« 若者を見殺しにする国 | 書籍一覧トップ | 重罰化は悪いことなのか »

軋む社会

本田由紀

軋む社会—教育・仕事・若者の現在

軋む社会
教育・仕事・若者の現在

本田由紀


いま、日本社会が軋んでいる。
夢を持てない。将来の展望が見えない。希望が見いだせない。
そんな若者の声が聞こえてくる。

こんな社会に、誰がしたのか?
この社会の何が問題なのか?
社会の軋みをなくすための糸口はあるのか?

気鋭の教育社会学者・本田由紀には、
いま、どうしてもいっておくべきことがある。
あきらめと失意、そして絶望が渦巻くこの社会を、変えていくために。
未来を支える若者が、生きやすい社会をつくるために。

本書で本田は、仕事や教育、家族、そして若者をとおして、
社会が軋む理由を考え、解決への道のりを考える。

巻末には、いまを生きるすべての若者に対する、本田からの熱いメッセージ「いま、若い人たちへ」を掲載。

→この書籍を amazon で購入する

【目次】
まえがき
Ⅰ 日本の教育は生き返ることができるのか
苛烈化する「平成学歴社会」――かつてとは何が変わったのか
格差社会における教育の役割
<コラム> 教育再生会議を批判する
<コラム> 議論なき「大改革」
<コラム> 「キャリア教育」だけなのか?
Ⅱ 超能力主義(ハイパーメリトクラシー)に抗う
ポスト近代社会を生きる若者の「進路不安」
いまこそ専門高校の「復権」を――「柔軟な専門性」を鍵として
<コラム> 他人のつらさを自分のつらさに
Ⅲ 働くことの意味
〈やりがい〉の搾取
東京の若者と仕事
<コラム> 企業の「家族依存」を正せ
Ⅳ 軋む社会に生きる
まやかしに満ちた社会からの脱出
<コラム> 雇われる側の論理
<コラム> 立場の対称性と互換性
Ⅴ 排除される若者たち
若年労働市場における二重の排除――〈現実〉と〈言説〉
<コラム> 〈不可視化〉と〈可視化〉
<コラム> 鍛えられ、練られた言葉を
Ⅵ 時流を読む――家族、文学、ナショナリズムをキーワードにして
現代日本の若者のナショナリズムをめぐって
「ハイパー“プロ文”時代」がやって来た!
<コラム> お母さんに自由を!
<コラム> 「家庭の教育力」って何?
Ⅶ 絶望から希望へ
いま、若い人たちへ
あとがき
初出一覧

【書籍情報】
46版、並製、256ページ
2008年5月26日発売
定価1890円(税5%)
ISBN978-4-902465-13-6

【著者略歴】
本田由紀(ホンダ・ユキ)
1964年生まれ。東京大学大学院教育学研究科教授。東京大学大学院教育学研究科博士課程を単位取得退学。博士(教育学)。日本労働研究機構研究員、東京大学社会科学研究所助教授を経て現職。専門は、教育社会学。
著書に『若者と仕事』(東京大学出版会)、『多元化する「能力」と日本社会』(NTT出版、第6回大佛次郎論壇賞奨励賞を受賞)、『「家庭教育」の隘路』(勁草書房)など。共著に『「ニート」って言うな!』(光文社新書)、『若者の労働と生活世界』(編著、大月書店)など。


【誤植の訂正】

p94 12行目と13行目のあいだに1行を挿入する。
p254 <コラム>の搾取 → <やりがい>の搾取

本田由紀 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211225/41283632

この記事へのトラックバック一覧です:
軋む社会:

コメント

コメント書く