書籍一覧

« Nの肖像 | 書籍一覧トップ

脳と心

斎藤環, 茂木健一郎

9784902465174


脳と心
――クオリアをめぐる脳科学者と精神科医の対話

茂木健一郎 ・ 斎藤環


いま、脳にまつわる話をとりあげた本が、書店の棚に目立つ。
ゲーム脳や男女脳など、脳に関する言説が次々に生まれては消えていく。
それでも脳についての本は、あとを断たずに刊行されている。

なぜ、読者は、これほど脳に関心を示すのか。
それは、脳が誰の身体にも備わっており、重要な機能を担っている部分であるにもかかわらず、その機能の複雑さゆえに、くわしい実態がつかめないからであろう。

脳科学は日々、進化しており、さまざまなことが明らかになっている。
しかし、どれだけ最先端の技術を駆使しても、わからないことがある。それが、脳と心がどうつながっているのか、という問題だ。

茂木健一郎は、脳と心をつなげる橋のようなものとして、「クオリア」という概念を提起した。仮に、この「クオリア」がほんとうにそのような役目を持つのであれば、茂木の提起したことは、これまでの脳科学を揺るがすようなものだといえる。

だが、斎藤環は、茂木の「クオリア」という概念に対して、大いなる疑問を投げかける。脳と心をつなぐものなど、いまだ明らかにはなっていないし、今後も明らかになる見通しは立っていない、と。

本企画では、茂木と斎藤の往復書簡とふたりのそれぞれに対するインタビューをとおして、「クオリア」について、そして脳と心のつながりについて、徹底的に考える。すべての書簡には、『心脳問題』の著者である山本貴光と吉川浩満さんによる実況が入り、難解な表現をやさしく解説する。

全編にわたって、なれ合いなし。社交辞令もなし。気鋭の知識人による、予定調和では終わらないスリリングな対話をお楽しみください。

【目次】

はじめに――往復書簡の読み解き方

往復書簡「脳は心を記述できるのか」
    第一信 「価値のクオリア」は存在するか?  斎藤環
    第二信 クオリア、そして偶有性  茂木健一郎
    第三信 「人間」と「言語」、あるいは偶有性のアスペクト 斎藤環
    第四信 因果性と自由  茂木健一郎
    第五信 チューリングマシンの精神分析  斎藤環
    第六信 人間の自由について  茂木健一郎

往復書簡 延長戦

「クオリア」にも「偶有性」にも同意できない  斎藤環
    「白旗はあげられない」  茂木健一郎

おわりに――この書簡でなにがわかったのか

【書籍情報】

46版、並製、388ページ
2010年8月25日発売
定価2,000円(税5%)
ISBN978-4-902465-17-4

【著者略歴】

茂木健一郎 (もぎ けんいちろう)
1962生まれ。脳科学者。ソニーコンピユータサイエンス研究所シニアリサーチャー、東京工業大学大学院連携教授(脳科学、認知科学)。
著書に、『脳と仮想』(新潮社、第四回小林秀雄賞受賞)、『クオリア降臨』(文藝春秋)、『脳内現象』(NHKブックス)、『意識とはなにか』(ちくま新書)など多数。

斎藤 環 (さいとう たまき)
1961年生まれ。精神科医。爽風会佐々木病院に勤務。専門は、思春期・青年期の精神病理、病跡学。
著書に、『社会的ひきこもり』(PHP新書)、『文脈病』(青土社)、『生き延びるためのラカン』(バジリコ)、『関係する女 所有する男』(講談社現代新書)など多数。

斎藤環, 茂木健一郎 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211225/48963399

この記事へのトラックバック一覧です:
脳と心:

コメント

金もらってしゃぶられてきた!

すげー気持ちよかった(*´Д`*)
http://imageoff.net/hck/tpwhts6

投稿: じゅん | 2010/10/15 22:53:26

>往復書簡 延長戦

「クオリア」にも「偶有性」にも同意できない  斎藤環

環ちゃんのモギケンを最後まで潰す姿勢に惚れた。

投稿: ねお | 2010/11/01 17:07:12

「【加護亜依】自殺未遂の直後に彼女を罵る人には、想像力が欠如している」
http://get.nifty.com/cs/catalog/get_topics/catalog_110912000848_1.htm
を拝見しました。

『「自殺」のキーワードで、私は関心を持った訳でなく、社会の中で、理解されず、悩んでいる方々の身に成って考えてみませんか?』と言う意味に、感じるものが有り、声をかけてみました。

そして、キーワードについて。
なぜ、想像力の欠如、となっているのか?
の仮説として。

因果として、人と言う原理を、考えてみた。
人とは、
基本構造として、
『幽霊体(想念体)』を仮定した場合、
それが、意思決定をし、
かつ、
従属的に
幽霊体(想念体)に、道具である肉体を占有する
権利が与えられ!?、
その神仕組み(自然界の法則)の中で、
生かされると仮定した時。

いろんな事が、辻褄が合うのではないか?
と、分析してみた。

道具であるところの、肉体に年齢が有る様に、
道具を使う主体の幽霊体(想念体)にも年齢が有る!?
つまり、経験と感動で、蓄えられたフンベツの差を、
年齢として、推測し仮説を立ててみる。

道具である、脳に知識をどれだけ詰め込みしても、
知識を使いこなす感性(フンベツ)が無いと、
想像力が働かないのではないか?

現状の想像力の欠如は、国家教育として、
道具である、脳機能だけを磨いている弊害ではないか?

道具を使う、幽霊体(想念体)を向上させる為の
教育が欠如している一因が、想像力の欠如、という
言葉に成っているのではないか?

例えば、
『大我の愛(利他愛)』と『小我の愛(利己愛)』
の違いを、理解出来る人が、社会に何パーセント
いるのか?

『知る(知っている)』と『解る(分別が有る)』
の違いを、理解出来る人が、社会に何パーセント
いるのか?

『”被”障害者(先天性などの障害を被っている人)』

『(利己愛で社会弱者へ責任転嫁をする真の)障害者』
の違いを、理解出来る人が、社会に何パーセント
いるのか?

そして、
未診断な
(家庭型/職権乱用型)代理ミュンヒハウゼン症候群
の、存在を気づいているだろうか?

その方々が、社会的に認知されず、
羊の皮を被って、悪行し放題。

・情報操作(カムフラージュ)で、身の安全を確保。
・利己愛を満たす為の、悪知恵、二枚舌、責任転嫁。
・『向上欲』は有っても、「向上心」が無い!?
・良い子、良い人に思われたいだけで、
 良い子、良い人になりたいと思わない、
 タイプの精神状態の人間。
 幽霊体(想念体)という、次元の年齢が幼いか?
 または、精神年齢の異常、精神異常者!?

概要
 数学のXY座標を想定し、横軸をX軸、縦軸をY軸
 とした時、
 X軸を幽霊体年齢(精神状態)
 Y軸を道具の脳機能(IQ)
 と
 設定した時、
 X軸の負(マイナス/左側領域)にある人を、
 精神年齢の異常、精神異常者!?
 とする。

 精神病、精神疾患は、
 X軸の正側にあり、ご本人の精神は、まともであるが、
 周囲の『未診断の(家庭型/職権乱用型)
        代理ミュンヒハウゼン症候群』
 のトラップにハマっていて、支援を得られないまま
 抜け出せない者。

 上記の『羊の皮を被った狼』的な、
 周囲の『未診断の(家庭型/職権乱用型)
        代理ミュンヒハウゼン症候群』

 精神異常者
 幽霊体年齢の異常なエネルギー体に、
 精神がまともな者が、
 翻弄され、
 その時、妄想の激しい精神科医師ごっこをしている
 一部の方々の「小我の愛」の、情報操作、悪循環、
 ・・・
 も災いし、
 スピリチュアルを理解出来ない、多くの者へ
 助けを求めても、因果を、理解されない!?
 かつ、
 多数派の先入観が災いし、
 人類の特性/スペックは、多数派が認知する時、
 数学的に、「『絶対値』現象」が発生し!?、
 ・・・・・・・・・・・・・・
 頭の良さ、肩書き、口のうまさ、表面的な
 羊の姿を、指標に判断してしまい、
 幽霊体(精神)年齢という、
 人類の本質を認知出来ず!?、

 上記、座標の、X軸の負側/左側の存在が、
 『 | -1 | = 1  』
 と、低次元化し、
 人類の特性が
 誤解されているのかもしれない!?

まるで、コペルニクスが、地動説を唱えた時代、
多数派の先入観で、現象を認知出来ない様な
因果が、発生しているかも、と考えてみれば、
すべて、辻褄が合うのではないか?


 
 
そのとばっちりを受け、
「”被”障害者」を、「(障害物的な)障害者」と
して、社会的に定着する様に洗脳する、腹黒い者の
存在が、潜伏していること、気づく人も少ない!?

その実情の因果を仮説から読み解くと、
幽霊体年齢の幼い!?または、真の精神異常者!?
(精神病ではなく、上記の座標の負側/左側に
位置する、未診断の代理ミュンヒハウゼン症候群)
という、存在が、道具的に恵まれ、・・・それは
頭の良い方々が、『障害者自立支援法』と言う、
悪法を生み出した原理を、分析していただければ、
立証し易いのではないか?

余力無く、乱文をお詫び致します。

いつか、情報交換が出来る日が来る事を願って
おります。

追伸:
もしも、私の投稿が、何かの役に立ちそうであれば、
茂木健一郎さまへ、転送いただき、思い当たる事が
ないか、伺っていただき、社会のトリックを読み解
いていただきたいと思います。
茂木健一郎さまが、書込みをご覧になったら、ヒント
を与えて下さるかもしれないと思うからですが、保証
は出来ません。

投稿: 真実を知りたい | 2011/09/14 4:29:32

コメント書く