書籍一覧

坂東眞砂子

Photo_3「子猫殺し」を語る
――生き物の生と死を 幻想から現実へ

坂東眞砂子


2006年8月18日付の日本経済新聞夕刊コラム「プロムナード」に、坂東眞砂子による衝撃的なコラムが掲載された。タイトルは「子猫殺し」。このコラムをめぐり、おもにネット上では、猫好きの人々による坂東バッシングが一斉に起こった。

「熱しやすく冷めやすい」というネットの特徴を体現するように、その後、あれだけ加熱した「子猫殺し」に関する議論は終息。けっきょく、坂東による問題提起は中途半端な状態で、世の中に受け入れられてしまった。

本書は、「子猫殺し」の議論を中途半端な状態で終わらせてはならない、という著者と出版社の意向でつくられた。人も獣も含めて、この世に生を受けた生き物が「生きる」こと、そして「死ぬ」こととは、どういうことか。また、「子猫殺し」バッシングとはいったい何だったのか。このふたつの問題について、2006年の騒動を検証することによりあきらかにする。

本書の第一部では、問題となった「子猫殺し」を含む24本のエッセイ(日経夕刊に連載されたもの)を掲載。この連作エッセイは、「生き物の生と死を考える」というテーマで書かれており、「子猫殺し」もエッセイ全文の文脈のなかに位置づけたうえで読んでもらえればと考えている。

第二部では、本書のテーマを掘り下げるために、東琢磨さん(音楽評論家)と小林照幸さん(ノンフィクション作家)、そして佐藤優さん(起訴休職外務事務官、作家)が、それぞれ坂東さんと徹底討論をおこなった。

東対談では、「管理されないものは愛されない」というテーマで、ネット社会、正義とは何か、日本社会の現状などについて議論してもらった。小林対談のテーマは、「人が動物を飼うことの責任を考える」。生き物に対する責任、食育のたいせつさ、動物愛護などについておふたりが語る。そして、佐藤対談では、「『子猫殺し』バッシングというファシズム」というテーマで、騒動の原因、愚行権、「猫とファシズム」などが議論される。

坂東さんがなぜ子猫を殺したのか。そして、坂東さんはなぜ叩かれたのか。その真意を探り、状況を検証してみる。すると、「子猫殺し」から見えてきたのは、日本社会の現状であった。

『子猫殺し」を語る』をAmazonで購入する

続きを読む

坂東眞砂子 | | コメント (6) | トラックバック (0)