書籍一覧

赤木智弘

若者を見殺しにする国若者を見殺しにする国
私を戦争に向かわせるものは何か
赤木智弘 著

週刊SPA!(2007年12月7日号)の「エッジな人びと」で紹介されました。
週刊朝日(2007年12月7日号)の書評欄で紹介されました。
SIGHT 2007年冬号で、ブックオブザイヤーの一冊に選ばれました。
TBSラジオ アクセス(2007年12月5日)で紹介されました。
週刊文春(2007年12月13日号)の「著者は語る」で紹介されました。


「『丸山眞男』をひっぱたきたい――31歳、フリーター。希望は、戦争。」
赤木智弘の衝撃的な論考が、月刊誌「論座」2007月1月号に掲載された。

フリーターである自分が、なぜ戦争に希望を見いだすにいたったのか。
それは、俗流若者論を通して、社会全体がすべてを「若者がおかしいから悪いのだ」というイメージで了解していること。
バブル崩壊後に何の責任もとらず、正社員として安定した生活を送ってきた「おとな」たち。彼らが、一部の世代を見殺しにしている現状から、必死に目を背け続けていること。

見殺しにされている団塊ジュニア世代の自分が、人間としての尊厳を得るためには、まず国民全体に「見殺しの罪」を直視させなければならない。
赤木は、若者を見殺しにするこの国の現状を、右派も左派も含めたかたちで、徹底的に批判する。そして、彼に説教をする知識人に対して、こう訴える。

説教するなら、職をくれ!

ひっそりと「声を押し殺して生きる若者」たち。その当事者のひとりが声をあげた。
その声が、行き詰まる若者の姿を、私たちの目に見えるようにした功績は大きい。
「論座」に掲載されたふたつの論文のほかは、すべて書き下ろしで構成。

赤木智弘。32歳、フリーター。希望は、戦争。
衝撃のデビュー作。

→この書籍を amazon で購入する

続きを読む

赤木智弘 | | コメント (2) | トラックバック (0)